絶縁針脱毛(ニードル脱毛)をするなら

脱毛の施術を受ける事が出来るのは、美容外科、美容皮膚科、脱毛サロンなどが在りますが、美容外科や美容皮膚科では医療行為を行う事が出来る病院と言う事からも医療レーザーを使ったレーザー脱毛が主流となります。

これに対して、脱毛サロンは医療行為が認められていないので、医療レーザーの取り扱いが出来ないため、光を利用した脱毛で行う施設が多く在ります。

また、医療行為として認められている脱毛の方法として絶縁針脱毛、もしくはニードル脱毛と呼ばれる手法が在ります。
2つの共通点は毛穴に細い針を刺して、針に電流や高周波を流すことで、針先に在る発毛組織を破壊すると言う方法で、電流もしくは高周波が熱エネルギーに変換されることで発毛組織を確実に破壊出来る方法です。

ニードル脱毛は肌に直接触れるため、火傷などのリスクが在るのですが、絶縁針脱毛は針に絶縁体が付いているので、肌に触れて火傷を起こすと言う事が無いと言った特徴が在ります。

また、針を刺す行為は医療行為となるので脱毛サロンでは認められていないため、美容外科などの病院のみで行われている脱毛の方法です。

因みに、毛穴に絶縁針やニードルを挿入して行うので、時間がかかる事や痛みを伴うなどのデメリットは在りますが、1本1本確実な脱毛効果在る事、色素沈着を起こしている部分や日焼けをしている場合でも施術を受けられると言うメリットも在ります。水泳02

コメントは受け付けていません。

最近の投稿