ヴァージンオリーブオイルならぬ「ヴァージンココナッツオイル」とは?

af9920061966lヴァージンココナッツオイルとは、ココナッツが持つ栄養を壊さないよう低温で新鮮な果肉から絞り出され、未精製で無添加のココナッツオイルを指します。新鮮なココナッツオイルは、安定性が高いため精製する必要がないという特徴があります。また漂白や香料、保存料などが加えられていない無添加で高級なものとなります。ヴァージンココナッツオイルは、コーヒーや紅茶に加える、バターやマーガリンの代わりにパンに塗るなど食べて美味しいものですが、美容にも良いものとなります。そこでここでは、ヴァージンココナッツオイルの美容に良い使用法について紹介します。まずフェイシャルケアとして、クレンジングや保湿オイルとして使用することが出来ます。保湿オイルとして使用する場合には肌なじみが良いため、つけすぎには気をつけるようにします。この他にもヴァージンココナッツオイルは、ボディーオイルやハンドクリームとしても使うことが出来ます。そのまま塗っても肌に良いですが、ラベンダーなどの精油を好みで混ぜ合わせて使用することも出来ます。加えてスキンケア以外にも、ヘアケアにも使用できます。その方法はシャンプー前の乾いた髪に、ココナッツオイルを馴染ませ、5分から10分ほどマッサージしてからいつもどおりのシャンプーとリンスをします。このことによりフケやかゆみを抑え、ハリのある髪になります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿