つま先なしタイプのデメリットは足先や足の甲が痛くなることだけ?

足のむくみに効果があるとして人気の着圧ソックスは、履いたまま足を動かすことで適度な圧をかけて、血流を良くしてくれるため、足トラブルを解決し美脚に近づくアイテムとして多くの女性が使用しています。いまでは100円ショップでも販売していて、誰もが手軽に購入できるものとなっています。しかし使い方を誤ると、足がうっ血したり血行障害を起こす可能性があるので、着圧ソックスの使用には注意が必要です。また足が蒸れるため臭いが気になる人は、つま先なしタイプを選んで履いていることも多く、足先や足の甲が痛くなるといった問題が出てきます。その他にもソックスの先がまくれ上がるため、圧が強くかかって足先がうっ血することがあります。血流が悪くなるため腫れを引き起こし、圧迫したところに痛みが生じることもあります。あまり強く引き上げずゆったりする程度で使用すると解消されることもありますが、できれば他の商品を試したほうがいいでしょう。またズレを抑えるためといって、圧力の高いソックスを選ぶと、足全体をきつく締め付けてしまうため、逆効果になるおそれがあります。強い圧は一時的に効果が体感できますが、長時間使用するものなので、基本的には中圧かそれ以下のものを選ぶと良いです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿