作り過ぎないナチュラル感がモテメイクのポイント

女性は、少しでも綺麗だと思われたいという願望があるので、自分の容姿に対してはいろいろと気を遣いお手入れを行います。特にメイクは、自分の顔のパーツに対するコンプレックスもうまくカバーしてくれる鎧のようなもので、自分に自信をつける意味でも必要だと考える方が多いものです。しかしこのメイクアップは、そのようにプラスに働くだけではなく、一歩間違えてしまうと下品に映ってしまうこともあるので、TPOをわきまえているか、独りよがりになっていないか、といったことを常に意識しておくことが大切です。特に異性は、年齢に関係なくナチュラルメイクを好む傾向にあり、今どきの目力全開のごてごてメイクは引き気味です。アイメイクに力を入れるのはメイクのポイントとしては基本ではありますが、決して作り過ぎないことが、モテメイクにつながります。極力柔らかな色味を使ったり、アイラインもまつ毛の間を埋めるように細く入れたり、まつ毛も適度に隙間が見えるように透け感を作りましょう。また、ラメ入りのコスメを使ったキラキラ感を、前面に出しすぎるのは良くないので、くすみがちな目元に少量使う程度が美しいです。そしてベースもべったりとファンデーションで仕上げるのではなく、肌トラブルをコンシーラーなどの下地で隠し、日焼け止め、パウダーで仕上げればナチュラルでも綺麗な肌に見えます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿