炭酸泉の仕組みと体への影響

炭酸泉とは水に二酸化炭素が溶け込んだもので、様々な入浴施設や温泉などで使用されています。炭酸泉には天然タイプと人工タイプの2種類が存在します。一般的に炭酸泉と認められているのは国内では250PPM以上の濃度を保つものに限られます。天然のものは水が湧き出た状態から、二酸化炭素が含有されている状態のお湯をいいます。一方人工のものは湧き出た水などに、意図的に二酸化炭素を混ぜ込んだものをいいます。天然のものはペーハー値が中性からアルカリ性の状態です。人工のものはペーハー値は弱酸性となっています。天然のものは人工のものに比べ炭酸の含有量が圧倒的に高く、それぞれに効果や効能も異なります。炭酸泉が人体に与える主な効能としては、高血圧症や動脈硬化に良い影響をもたらすとされています。それは炭酸による血液の循環が促され血行が良くなるためです。同じ理由から冷え症やリウマチの改善や、肩こりや腰痛にも良いとされます。また切り傷やヤケドなどの皮膚の炎症にも効果的です。それは炭酸泉に入浴した際に細かい気泡が肌に付着する成分に理由があります。この気泡は炭酸ガスで、皮膚から吸収されると毛細血管を刺激するので皮膚の疾患に効果的だとされています。ソファー

コメントは受け付けていません。

最近の投稿