炭酸泉で血行がよくなる仕組み

炭酸泉とは、炭酸ガスである二酸化炭素が溶け込んだお湯、それを使用している温泉のことです。この炭酸泉には、健康や美容において様々な良い影響をもたらすと言われていますが、その中でも特に大きいのが血行を良くする作用です。私たちは普段、呼吸することで酸素を吸収し、二酸化炭素を排出しています。吸収された酸素は、血液中に溶け込んで全身を巡っていき、様々な役割を果たすためのエネルギーに変換されます。酸素がエネルギーとして変換された後にできるのが、二酸化炭素です。ですから二酸化炭素は、いわばエネルギー誕生や消費の際の副産物と言うわけですが、この二酸化炭素が発生した時点で、脳は酸素が消費されたと認識します。そしてその認識によって、酸素不足を補うために血管が拡張され血行が促進されます。炭酸水で血行促進される仕組みも、この脳の認識を利用したもので、実際にはエネルギーが誕生、消費していないにもかかわらず、皮膚から吸収された二酸化炭素が血流に溶け込むことで脳が酸素不足だと認識をして、それを解消するために血管を拡張して血行を良くしようと言う作用が働くと言うわけです。また炭酸泉によって体を温めることも、血管を拡張させるために血行促進効果が期待できる理由のひとつです。二酸化炭素には温暖効果もありますから、炭酸泉に浸かることは、普通のお湯に浸かるよりもより高い、そして長い時間の温暖効果を期待することができます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿