炭酸ガス入浴剤と炭酸泉の違い

炭酸は近頃、さまざまなところで利用されています。
特に美容としての効果はよく知られています。
飲めばダイエットに良く、洗顔の汚れ落ちも良い、洗髪にまで利用されています。
お風呂でも効果を発揮します。
入浴の際に炭酸風呂につかると、血行が良くなります。
しかも炭酸の力で汚れを浮かしてくれます。
入浴の際の炭酸も、美容に十分良いものです。
通常の炭酸ガス入りの入浴剤に比べると、炭酸泉は炭酸ガスの気泡が細かいです。
その為に、身体の汚れが非常によく落ちます。
炭酸ガス入浴剤と、炭酸泉の大きな違いは、市販の炭酸ガス入浴剤はすぐに溶けてしまうことです。
しかも炭酸ガス入浴剤はお湯に入れても沈まないです。
湯の表面で炭酸が発生しても、あまり炭酸としての効果は得られないです。
入浴剤が下に沈んだ状態で、ゆっくり溶けながら細かい炭酸ガスをつくりだしていくことで炭酸の効果を最大限に発揮できます。
炭酸とはいっても、どんな風に溶けるかの違いで効果に雲泥の差ができてしまいます。
最近はお湯の表面で溶けてしまう炭酸ガス入りの入浴剤ではなく、ゆっくりお湯のそこで溶ける炭酸泉の入浴剤も販売されています。
どうせなら、効果があるものを選びたいです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿