スタイルよりも質感が大事な髪について

美人の姿をたとえることわざに「たてばしゃくやく、すわれば牡丹、歩く姿は百合の花」の言葉があります。スタイルと髪の質感とツヤが大事であることは、だれもがわかっていることです。スタイルの良い美人は多く、街でも見かけますが髪の美しい女性は少ないようです。外国人のスタイルの良さにも負けない現代女性はスタイルよりも質感が大事な髪についての知識を持つことが大事になります。髪を素敵に見せるためにほとんどの女性はヘアサロンや美容室に行きます。まだ、ヘアサロンや美容室のなかった時代の女性の髪は長く、ツヤがあり、質感も豊かであったように思います。きっと髪の手入れがしっかりできていたからでしょう。現代は多くのシャンプーやトリートメント、リンスがあります。女性はヘアサロンや美容室へ行く前の手入れで使用するシャンプーやリンスを選ぶとき慎重に自分の髪質とあうシャンプーやリンスを使用することが大切です。シャンプーの成分は90パーセントが水と界面活性剤で構成されています。界面活性剤は洗浄効果を期待して配合されている成分です。頭皮や髪への刺激が強いシャンプーは薄毛や頭皮の荒れの原因にもなります。また、洗浄力が強すぎると髪の質感やツヤがなくなります。自分にあったものを選ぶことがポイントです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿