なぜ人は体毛を処理する?

ムダ毛処理の歴史は紀元前3000年から4000年前まで遡るとされています。
この頃には処理を行う人がいたとされますが、日本では分かっているのは平安時代辺りからとなります。
ただ、この頃は眉毛を整える等が一般的でした。
日本で体毛を大きく気にするようになったのは、洋服を着るようになってからです。
日本人の場合、肌の色に対して、毛の色が黒くてしっかりとしているという特徴があります。
その為、少しでも生えていると目立つ事になります。
特に脇の毛は目立ちやすく、ノースリーブを着る為には処理が必要と考える人が増え、その後、腕や脚等の体毛も処理をしておいた方が良いと考える人が増えました。
日本人というのは、多くの人がしている事は同じようにしていなければ、していない方に問題があると考えやすい特徴があります。
ですから、多くの人が脱毛を始めていれば、していない人は清潔な肌に対する意識が低いと考えられてしまう原因となります。
その為、生活をしていく上で生えていても困らない毛であっても、処理をしておかなければいけないと考えるようになってきています。
人が脱毛を選ぶ理由の一つに、周りの多くの人が脱毛を選んでいるからという事もあります。野球03

コメントは受け付けていません。

最近の投稿