眉毛はナチュラルに太めで優しく書くのがポイント

女性は、少しでも魅力的に見えるようにメイクアップを行いますが、メイクは自分の顔のパーツに対するコンプレックスもうまく改善してくれるものなので、上手に使えばプラスに働きますが、一歩間違えると逆効果となってしまうことも否めません。メイクにも流行があるので、いくら気に入っているからといって、いつまでも時代遅れのメイクを行っていては、おばさんくさいイメージを与えてしまうので、時代に合ったデザインやカラーも取りいれなくてはなりません。特に眉毛は流行り廃りがはっきりしており、顔の中でも目立つパーツなので、非常に重要です。今の流行は太めですが、優しさを出すためにも、眉毛の色は明るく染めましょう。パウダータイプのアイブローでぼかしたり、ペンシルで書いた後に眉マスカラを使うと、毛の色を変えることができるのでおすすめです。ヘアーサロンの中には、髪の毛のカラーロングの際に眉毛も染めてくれるところもありますが、お肌の弱く敏感な方は目元という非常にデリケートな場所なのであまり行わない方が良いでしょう。今の流行の太眉は、いわゆるバブル期の太眉とは違い、手を加えた太めなので、なにもせずにほったらかしにしているのは、だらしがなく見えるので、ある程度ムダ毛は処理し、毛の長さも整えましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿