埋没毛とは

脱毛サロンや美容クリニックで施術を受けて脱毛する人以外に、あまりお金をかけずに自己処理で済ませている人も多いですが、実は自己処理による脱毛は場合によって埋没毛の原因になるとされています。

特に、毛抜きによる処理は毛を引っ張って引っこ抜くということ自体が肌や毛穴に刺激を与え負担をかけます。
そして毛根から抜けきれずに途中で切れてしまい中途半端に終わってしまうこともあります。

毛抜きによって炎症を起こした毛穴がその上からかさぶたを作ってしまい、途中で切れてしまったムダ毛がそのかさぶたの下に入り込むことで埋没毛になってしまうのです。

一度埋没毛になってしまうと、無理に毛を抜くこともできず、繰り返せば繰り返すほど毛穴はどんどんかさぶたを作り毛根の奥深くへとムダ毛が残ってしまい、肌の表面にボツボツと黒く残ってしまい見た目がさらに汚くなる原因ともなります。

埋没毛ができるのは毛抜きだけでなく、脱毛テープや脱毛ワックスでも起こりやすいので、たかがムダ毛だからといって自分で自己処理するときはいい加減にせずきちんと処理していくことが大切になってくるのです。

また、スクラブやピーリングなどであらかじめ余分な角質を除去して埋没毛を作りにくくする環境を整えておけばできにくくなるので、自己処理を始める前に準備しておくようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿