毛のう炎とは

毛のう炎とは、小さくて赤いぶつぶつができた状態で、中央に膿をもています。ひどい場合では痒みや痛みを伴うことがあります。ブドウ球菌が感染して起こる皮膚病で、傷から毛穴の中に侵入することで炎症を始めます。毛のう炎の原因は、ムダ毛処理です。カミソリや毛抜きでムダ毛を処理する人に当てはまります。深剃りや逆剃り、無理にピンセットで毛を引き抜くなどで、毛穴内部が傷つきます。汗をかきやすい部位にできるので、汗をかいたら洗顔やシャワーを浴びるなど清潔を保つことが大切です。またムダ毛処理は自分でするのではなく、脱毛サロンに行くのが良いです。多くの脱毛サロンでは肌を傷めない施術を行っています。一般的に医療レーザー脱毛が最も毛のう炎を引き起こしにくいとされます。ただし施術によって毛とその周囲が痒くなることがあります。痒くて爪で引っ掻くことで、皮膚表面に傷が付いてブドウ球菌を侵入させることがあります。痛みが気になる場合は、エステサロンの光脱毛にすると良いです。もしできてしまっても、抗生物質などを使えばすぐに改善されます。市販の薬は自己判断で服用するのが難しいので、医療機関で受診すれば適切な処置を受けられます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿