ふんわりチークのポイント

女性のたしなみであると同時に、趣味の一つでもある化粧に使う化粧品は日々進化しています。必要な化粧品は人によって様々ですが、多くの人が使うものがいくつかあります。基礎を意味するファンデーション、顔のシミなどを隠すコンシーラー、アイブロウにアイシャドウ、マスカラといったアイメイクに必要な化粧品、口元を彩るグロスやリップライナー、そしてチークです。チークはほほにつける化粧品で血色を良く見せる効果があります。顔の血色がよく見えると、顔全体が明るく健康的に見える他、若々しく見せる効果もあります。実際、チークがあるのとないのとでは、人が受ける印象にも大きく違いがあります。また、入れる角度や場所によっても印象が変わるのがチークのすごいところです。明るいベビーピンクなどの色をふんわりとほほにのせると、華やかな印象を与え、初対面の人に好印象を持ってもらえます。ふんわりチークのポイントは、濃くつけすぎないことです。さらに濃い色よりもピンクなどの優しい色を選びましょう。ブラシでつける場合は大き目のブラシで大きく薄く円を描くように色をのせます。ブラシではなく、パフでやる場合は、軽くポンポンとのせます。このとき、あまり顔の横や上の方にのせない方が綺麗な仕上がりになります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿