『hPa』や『mmHg』って何?

mmHgは、大気圧を流体の柱の高さで示す方法の一つであり、水の様に分子量18と軽い流体を用いると9.8mになる為、水銀の様に原子量200超と重い流体を用いており、高さを示すmmと水銀を示すHgで
mmHgと表記されています。
気圧計は、哲学者としてデカルトが1631年に設計したとされ、1643年のトリチェリーの実験の原理を応用したフォルタン水銀気圧計が広く普及し、当時の日本の気象庁でも導入されています。
mbarは、1911年に周波数で知られるヘルツの教え子であるノルウェーのビヤークネスにより提唱され、メートル条約に基づき国際単位系を維持する為に4年に1度開催される国際度量衡総会でatmと表記される標準大気圧が101,325Paと定められる1954年まで、広く世界中で用いられて来た歴史があります。
mbarは、1945年より1992年まで気象庁などで気圧を表す数値として利用されています。
Paと表記されるパスカルは、1平方メートル面積に1kgの物体を1m動かす強さの力1ニュートンが作用する力を示し、パスカルの原理で知られるブレーズ・パスカルに因む国際単位系の圧力や応力の単位です。現在では、標準大気圧atm=1013.25hPa=760mmHgとされています。ウェディング12

コメントは受け付けていません。

最近の投稿