日焼けはNGです!

脱毛を受けている期間は、自己管理がとても重要です。
肌の保湿など色々あるのですが、その中でも特に注意したいのが日焼けの予防です。
紫外線は季節や天気と関係なく1年中降り注いでいるものであり、油断しているとすぐにメラニン色素が発生してしまいます。
脱毛時に使用するレーザーは、このメラニン色素に反応するという特徴があるため、その量に変化があると計画どおりに脱毛ができなくなるのです。
また、脱毛によって弱っている肌は小さな刺激にも敏感になっている状態であり、日焼けの影響でシミができやすくなっています。
せっかく毛のないキレイな肌を目指しているのに、シミが残ってしまっては意味がありません。
そのほか、肌が焼けてメラニン色素が多く生成され肌が黒くなった場合は、脱毛を進めることができなくなる可能性があります。
毛根にレーザーが届く前に、肌に作用して火傷を引き起こすリスクが高まるからです。
さらに日焼けは肌から水分を奪うため、肌からうるおいが失われる原因にもなり、施術時の火傷につながりやすくなります。
こういったことを頭に入れ、紫外線が強くなる初夏から秋にかけては特に、長い時間紫外線を浴びるのを避けるのがベストだと言えます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿