アイメイクの色は自然な色使いを意識

メイクでかわいく綺麗になりたいということは女性にとって共通のテーマです。

その気持ちからつい厚化粧になってしまう人も少なくないでしょう。特に目をもっと大きく魅力的に見せたいからとくっきりと太すぎるアイラインや塗りすぎのマスカラによるアイメイクで損をしてしまっている女性も見受けられます。

最高の自分になれるメイクのポイントは色使いにあります。
色による目の錯覚で美しく見せるのがメイクですから、色使いのルールを知り、実際に取り入れることでより美しい自分に出会えるでしょう。

アイシャドウはまぶたに立体感を出すために使用するアイテムです。自然なグラデーションになるようにのせていきます。
まぶたの目尻側を濃くしすぎると目の横幅が逆に狭く見えるようになってしまうので気をつけましょう。派手色を使用するなら目尻だけのワンポイントか、アイラインの代わりにするような気持ちで目の際に沿って描くといいでしょう。

アイラインは目そのものを大きく見せてくれる最強アイテムですが、ラインの幅が太くなってしまうとまぶたを閉じたときにおかしな印象になってしまいます。目の際、まつげの間を埋める程度で十分です。目尻はお好みで跳ね上げますが、このラインも目を開けたときと伏し目にしたときで違和感がないように描くのがポイントです。
また、アイラインは黒をご使用の方多いようですが、囲みラインによって目を小さく見せてしまっていることがあります。アイラインには自然で優しい印象になれるだけでなく、黒よりも膨張効果で目を大きく見せることができるブラウンをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿