永久脱毛について

永久脱毛とは言葉のとおり、半永久的にムダ毛が生えなくなる脱毛の事を言います。
現在、永久脱毛と言える脱毛法を受けられるのは、美容皮膚科や美容外科といった医療機関のみです。
なぜなら、永久脱毛は医療行為とみなされており、医療機関でしか行う事ができないからです。

医療機関ではレーザー脱毛と、医療針脱毛という脱毛法が受けられます。
もちろん、どちらも永久脱毛の効果を持つ脱毛法です。
レーザー脱毛は黒い色に反応する、特殊なレーザーを使用します。
レーザーを肌に照射すると、レーザーの熱が毛根に吸収され、熱によって毛根組織を破壊する事で脱毛するのです。
壊れてしまった、毛乳頭などの毛根組織は2度と再生しません。
ですので、レーザーを当てた毛穴からは、ムダ毛が生えなくなる仕組みとなっています。

医療針脱毛は絶縁針という、特殊な加工を施した針を使用する脱毛法です。
毛穴に絶縁針を刺し、そこに電流を流して脱毛します。
レーザー脱毛と同じように、電流の熱によって毛根組織を壊す為、医療針脱毛も施術を行った部分は、半永久的にムダ毛は生えてこなくなります。

このように、永久脱毛は毛根自体に直接作用する事が特徴の、脱毛法という事が分かるでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿