動物毛ブラシの使い方でメイクのツヤ感がアップ

ポイントメイク用のブラシには合成の毛のもののほかにリスや馬、山羊などの動物毛が使用されているものがあります。
ナイロンなどの合成毛のものはこまめに洗っても傷みにくく取り扱いが簡単というメリットがありますが、毛にコシがあり肌ざわりのよさやメイクのツヤ感アップ効果は動物毛のほうがよくなります。
動物の毛は細くやわらかな毛が密集しているのでアイシャドウやチークなどの粉含みが良く、パウダーと肌の密着間が高くさっと滑らせるように使うだけでグラデーションが入れやすかったり、肌の内側からにじみ出るようなツヤを出してくれます。
薄くムラなく均一につけるためつけすぎにならないので発色が良いのに粉っぽさがなく、一度つけた後に数回ブラシで磨くように滑らせることでつけすぎた粉を落としよりツヤ感を出すことができます。
毛先を立てて使えば濃い目にしっかりと、広い面をつかえばふんわりとナチュラルにつけることができるなど1本で使い分けることも可能です。
リップブラシもコシがあり油分にも強いためナイロンよりも口紅を含みやすくなっています。
サイドの部分で輪郭をとった後に内側を広い面で塗ることで立体感のある唇に仕上げることができます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿