ココナッツオイルでアルツハイマー予防・改善

アルツハイマーになると物が覚えられないだけではなく、脳の機能が衰えていく為自分で着替えをしたり食事を取る事もできなくなります。
ココナツオイルにはそういったアルツハイマーを予防、改善できる効果がある事がわかっています。
脳の活動に不可欠なのがブドウ糖ですが、アルツハイマー病患者はこのブドウ糖を脳細胞で利用できるように変換することが出来ない為、脳細胞が死滅して症状が進行していきます。
脳の活動を支えているエネルギー源にはブドウ糖のほかにケトンという物質があります。ケトンは体内のブドウ糖濃度が低い時にしか作られないため、体内で生成させる為には糖質を少なくしてたんぱく質と脂肪の多い食生活に変えなくてはいけません。
しかしココナツオイルを摂取すると体内のブドウ糖の量にかかわらずケトンが作られるため、脳がエネルギー不足にならず正常に活動するようになります。
すでにアルツハイマーになっている場合には、ココナッツオイルを大さじ1杯~2杯、1日3回に分けて摂るようにすると症状が改善されます。
ココナッツオイルは加工がされていないエキストラヴァージンココナッツオイルが効果的です。甘い香りがしますが癖のないオイルなので、料理に使うほか飲み物などに入れて飲む方法もあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿