ベースメイクをしっかりすることがポイント

女性が身だしなみとしても行っているメイクアップは、肌トラブルやパーツごとのコンプレックスをカバーしてくれる効果もあるので、女性に取っては、自分に自信が持てるようになる鎧ウェディング10のような存在です。学生期間はまだしも、社会人として働きだすからには、メイクアップをきちんと行うということは常識で、相手に不快感を与えないようなお手入れは必須です。そしてそのメイクのポイントは、美肌作りが最も重要で、女子アナメイクでは基本中の基本です。ナチュラル感を与えながらも、しっかりと肌トラブルはカバーしなければならないので、ベースメイクは特に念入りに行いましょう。肌トラブルをカバーするためにメイクを厚塗りにするのではなく、薄付きであっても、隠すべきところはしっかりと隠す下準備が大切で、これがメイク崩れを防ぎ肌がくすまない秘訣です。指先やスポンジを使って、まずは毛穴や色ムラをコンシーラーを使って丁寧に隠し、顔色がさえない場合には、コントロールカラーを使って肌トーンを明るくさせましょう。そしてファンデーションをごく薄くお肌に叩き込むように塗布したら、粒子の細かいフェイスパウダーで仕上げます。ファンデーションやコンシーラーは、肌の上に滑らすだけではなく、叩きこむのがコツです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿