‘2016/05’ カテゴリーのアーカイブ

脱毛で気をつけたいポイント

2016/05/18

綺麗な肌はその人の魅力を増幅するのは言うまでもありません。ツルツルでスベスベの肌は男性を吸引します。またムダ毛のない顔であるとファンデーションののりが良くなり、化粧栄えして美しさが増幅します。また脇や腕、VIOラインなどを永久脱毛しておくとシーズンを問わず肌露出の多い装いを綺麗に着こなすこともできます。そのため永久脱毛を真剣に考える女性も少なくありません。しかし永久脱毛する際に注意点があります。どのエステサロンでも必ず永久脱毛できるというわけではありません。エステサロンでの光脱毛では毛根にある毛母体を焼ききることができないので永久脱毛はできません。そのため永久脱毛を希望するのであればクリニックがおこなっている医療脱毛を受ける必要があります。医療脱毛ではエステサロンよりも費用が割高になり、全身脱毛では30万円から40万円前後が相場になっています。しかしクリニックでの医療脱毛はレーザーの光で完全に毛母体を焼ききってしまうので二度とムダ毛が生えてくることはありません。また医師がカウンセリングし、インフォームドコンセントを徹底し患者の肌質を十分把握した上でレーザー照射してくれるので炎症や火傷などの肌トラブルもほとんどありません。

脱毛前に確認しておこう

2016/05/18

基本的に、ムダ毛を根本的にケアするためにはかなりの時間とお金が必要になります。脱毛を始める前に、事前に何がどれくらいかかるのかを確認しておくことをおすすめします。脱毛をゼロから始めるには、今では価格競争もありリーズナブルになっているため、月額10,000円~15,000円程度を約2年ほど続けることで、全身脱毛が可能になるという認識でいるようにしましょう。全身ではなく、例えば脇だけの処理の場合は2ヵ月に一回の施術で一回あたりがおよそ3,000円程度です。コストパフォーマンスを考えると、一気にまとめて全身を処理した方が効率良いでしょう。一回ごとでの費用ではなく、完全に毛がなくなるまでにかかる回数とその費用を事前に確認しておき、総合的な予算として把握しておくべきます。また、生理期間や妊娠中は脱毛の施術を受けられないことや、施術後には保湿をたっぷりする必要があることなど、脱毛を受けるにあたっての最低限の知識はできる限り情報を集めて知っておくことが大切です。正しい知識とサロン選び、自分に合った賢いコースの契約をしっかり行い、自分が目標とする時期に理想の美肌になれるように予定をたてて頑張っていきましょう。

脱毛に必要な時間とは

2016/05/18

脱毛に必要な時間はどんな脱毛方法か、どのパーツを施術するのか、また使用する脱毛マシンによっても異なります。ムダ毛の毛量や毛質等によっても、多少の違いは出てきます。永久脱毛の場合は医療レーザー脱毛でのお手入れとなり、昔に比べても施術時間は短くなってきています。大人気の両脇の脱毛であれば、施術にかかるのはほんの10分位です。エステサロンの光脱毛でも、5分から10分くらいですから、永久脱毛もスピーディーになってきています。

全身脱毛をするにしても永久脱毛の場合は、上半身は150分くらい、下半身は180分程が目安になります。ただこれは目安であって、個人差などもありますし、医療レーザー脱毛の機器による違いもあります。全身を1日で、永久脱毛で仕様となったら、300分から360分ほどはかかることになります。とはいえこれは、かなりスピーディーになってきています。

昔の脱毛は光脱毛やレーザー脱毛ではなく、メインはニードル脱毛だったからです。光やレーザーみたいに、瞬時に反応をするものではなく、1本1本のムダ毛を処理するため、気が遠くなるような時間を費やす脱毛方法でした。そしてお値段も、気が遠くなるほど高いです。

脱毛に必要な費用とは

2016/05/18

ムダ毛は、みんなの永遠の悩みです。メイクに力を入れても、ファッションに力を入れてもその脇からムダ毛が見えたり、また口髭が出ていたということがあれば幻滅をしてしまいますよね。そのために脱毛をすることが必須と考える人も少なくないのです。その場合に一番気になるのが、ムダ毛を処理するための費用ではないでしょうか?例えば、部位によって脱毛にかかる時間も、手技も異なることもあるかもしれません。また一度はぬいたものがまたはえて来ることだってあるかもしれませんね。その心配を考えたら、やはり効果のあるもので、何度も生えてきても保障されるというものを選ぶのがいいのです。それでは部位別にみてみましょう。腋の脱毛を希望する人が多いのですが、これは数千円から数万円という価格設定です。キャンペーンのお試し価格や初回価格は数百円ということもあります。そして定期的に通うようになったら、5回で5000円とか決まった価格設定になるのです。腋の場合は、またはえて来た場合には、脱毛処理を受けることが出来るという回数無制限のところもあります。またVラインや足などはもう少し範囲が大きくなるので、費用もそれに伴って少し上がります。野球06

永久脱毛のメリットについて

2016/05/18

美容クリニックなどでの医療機関では、医療レーザー脱毛での脱毛ができます。医療レーザーは、永久性のある脱毛であり、エステサロンのような減毛とは異なります。永久脱毛のメリットとして、1度脱毛を完了させてしまうことで、もう自己処理の必要がなくなるというのがあります。永久脱毛は医療レーザーを照射して、体毛の生えてくるための毛乳頭などへと反応させます。それは軽くダメージを与えるというレベルではなく、確実に毛乳頭などの組織を壊すことになります。一旦壊されてしまった組織は、再び再生はできないために、もうムダ毛が生えてくる希望は途絶えます。こうして永久脱毛の効果は発揮されていきます。

エステサロンでの脱毛は、破壊できるほどの高い照射出力は、許可されていません。それは永久性のある脱毛は、医療行為になるためです。エステサロンの脱毛は、ムダ毛を少なくしていく方法ですから、無制限で通ったとしても、ムダ毛の再生の可能性があります。しかし医療レーザーであれば、エステよりも少ない回数で完了を迎えて、そのあとは脱毛に通う必要はなくなります。毛は生えてはきませんから、もう追加料金を払ったりして、クリニックへ通う必要はないからです。

永久脱毛と特徴について

2016/05/18

脱毛をするのなら永久脱毛でと考えている人であれば、医療レーザー脱毛かニードル脱毛で受ける必要があります。
今日多くの脱毛サロンで行われているのは光脱毛です。長期的に何度も施術を受ける必要はありますが、リーズナブルな料金で利用ができ、繰り返して受けるごとにムダ毛が生えにくくなるので手入れが楽になるというメリットがあります。しかし、永久脱毛をすることはできません。かつて、光脱毛が利用される前にはニードル脱毛という方法で脱毛が行われており、毛根を電気で焼くために永久脱毛ができる方法でもあります。しかし、スタッフの技術によっても仕上がりに違いがあり、技術を要することから今日ではニードル脱毛が行われているサロンも少なくなってしまいました。
一方、医療レーザー脱毛は美容皮膚科などの医療機関でのみ受けることが許可されている脱毛法であり、永久脱毛というとニードル脱毛よりもこちらを選択する人も多いものです。ニードル脱毛ではムダ毛を一本ずつ処理するので時間がかかり、予算的にも高額なので全身脱毛ができるようなものではありません。医療レーザー脱毛なら、広範囲に光を照射して脱毛処理をすることができるため、短時間で高い効果を発揮します。陸上01

永久脱毛できる理由

2016/05/18

一般的な永久脱毛としてレーザー脱毛とニードル脱毛が知られています。まず、レーザー脱毛は一定範囲の毛にレーザーを当てて毛に熱を与えます。熱で毛を作る細胞にダメージを与えることで毛を作る働きを失わせます。この方法は一度で広範囲のムダ毛の脱毛処理ができるので、全体的に徐々に減らしていくことができます。脱毛を行う際にたくさん抜くことに向いている方法です。一方でニードル脱毛は毛を作る細胞に直接的に電気刺激を与えて焼き切ってしまう方法です。この方法は毛の一本ごとに電気刺激を与える必要があるので時間を要しますが一本の毛に対して一回の処置で完全に脱毛できる効果があります。一部分的な脱毛に適しているので、レーザー脱毛と異なり、細かく脱毛を調節可能な方法なので毛の生えている範囲を細かくデザインすることも可能です。どちらの脱毛方法においても永久脱毛の仕組みは、毛を作る細胞の働きを無くすとともに皮下に残った毛を維持する機能もなくすということです。残った毛は時間が経つにつれて自然に抜け落ちるので最終的に脱毛範囲には毛がなくなります。毛は一本ずつ周期が異なるので処置したときには休止期であった毛が徐々に伸長します。伸長した毛は抜け落ちる前に再度脱毛処理を行うことで永久に毛を生えなくすることができ、徐々に毛量が減少して、最終的に永久脱毛が完了します。野球05

永久脱毛について

2016/05/18

永久脱毛とは言葉のとおり、半永久的にムダ毛が生えなくなる脱毛の事を言います。
現在、永久脱毛と言える脱毛法を受けられるのは、美容皮膚科や美容外科といった医療機関のみです。
なぜなら、永久脱毛は医療行為とみなされており、医療機関でしか行う事ができないからです。

医療機関ではレーザー脱毛と、医療針脱毛という脱毛法が受けられます。
もちろん、どちらも永久脱毛の効果を持つ脱毛法です。
レーザー脱毛は黒い色に反応する、特殊なレーザーを使用します。
レーザーを肌に照射すると、レーザーの熱が毛根に吸収され、熱によって毛根組織を破壊する事で脱毛するのです。
壊れてしまった、毛乳頭などの毛根組織は2度と再生しません。
ですので、レーザーを当てた毛穴からは、ムダ毛が生えなくなる仕組みとなっています。

医療針脱毛は絶縁針という、特殊な加工を施した針を使用する脱毛法です。
毛穴に絶縁針を刺し、そこに電流を流して脱毛します。
レーザー脱毛と同じように、電流の熱によって毛根組織を壊す為、医療針脱毛も施術を行った部分は、半永久的にムダ毛は生えてこなくなります。

このように、永久脱毛は毛根自体に直接作用する事が特徴の、脱毛法という事が分かるでしょう。

医療機関における脱毛について

2016/05/18

脱毛は医療機関でしかできません。なぜなら、脱毛はきちんと法律に定められた医療行為だからです。
そのため、脱毛をするなら美容クリニックなどの医療機関に通いましょう。
施術をするのは、医療機械を取り扱える看護師になります。
医療用脱毛機械の種類は豊富にあり、どんどん進化し続けています。
機械について分かりやすく説明するために、エステの脱毛と比較してみます。
エステではほとんどが光照射であり、施術をするのはエステティシャンになるため、取り扱える機械は制限されます。エステの光照射は、ムダ毛のメラニンに反応させます。そのため、濃い毛には反応が早く、薄い毛には反応は遅くなります。結果が出るまでに時間がかかりやすくなり、部位によっては3~4年になります。そして、脱毛は医療行為であることから、エステでは一時的な減毛になります。エステは単価が安いため、通いやすさはあります。ゆっくりペースを希望する方には、エステは良いでしょう。
しかし、早い効果と永久脱毛を希望する方には、医療機関がおすすめです。
最新機械では、メラニンへの反応だけでなく、ムダ毛の根元である毛包周辺の壁を破壊して、根こそぎ脱毛します。そのため、背中や腕などの薄い毛も永久脱毛することができます。
肌ダメージがほとんどないレーザーのため、敏感肌の方でも受けることができます。
1回の効果が高く、部位によっては全5回ほどで終了します。通う期間は、最短では半年となり、長くても1年くらいでしょう。
医療脱毛で、ムダ毛の無い、憧れのつるつるスベスベ肌になりましょう。野球04

なぜ人は体毛を処理する?

2016/05/18

ムダ毛処理の歴史は紀元前3000年から4000年前まで遡るとされています。
この頃には処理を行う人がいたとされますが、日本では分かっているのは平安時代辺りからとなります。
ただ、この頃は眉毛を整える等が一般的でした。
日本で体毛を大きく気にするようになったのは、洋服を着るようになってからです。
日本人の場合、肌の色に対して、毛の色が黒くてしっかりとしているという特徴があります。
その為、少しでも生えていると目立つ事になります。
特に脇の毛は目立ちやすく、ノースリーブを着る為には処理が必要と考える人が増え、その後、腕や脚等の体毛も処理をしておいた方が良いと考える人が増えました。
日本人というのは、多くの人がしている事は同じようにしていなければ、していない方に問題があると考えやすい特徴があります。
ですから、多くの人が脱毛を始めていれば、していない人は清潔な肌に対する意識が低いと考えられてしまう原因となります。
その為、生活をしていく上で生えていても困らない毛であっても、処理をしておかなければいけないと考えるようになってきています。
人が脱毛を選ぶ理由の一つに、周りの多くの人が脱毛を選んでいるからという事もあります。野球03

最近の投稿