‘2016/03’ カテゴリーのアーカイブ

契約時の特典を使うとお得に脱毛

2016/03/16

お得に脱毛をしたいと考えた場合、キャンペーン等、契約時の特典に注目をしておく事がお勧めです。
ただ、注意をしておかなければいけないのが、初回カウンセリングの際に契約をするという事が条件になっている場合です。
脱毛サロンに初めて行く場合等、まずはカウンセリングだけ受けて、契約をするかどうかは、落ち着いて考え、後日、返事をしたいと考える人も少なくないでしょう。
初回カウンセリングの際に契約をするという事が条件になっているキャンペーンの場合、後日に契約をするのであれば、通常通りのプランしか利用する事が出来ない状態になってしまいます。
ですが、すぐには返事をする事が出来ないと考える人は少なくないでしょう。
この場合、まずは、脱毛サロンに関する情報をしっかりと収集しておく事がお勧めです。
口コミ等で、評判をしっかりと確認しておくと、カウンセリングの時点で、契約をして良いかどうかの判断材料となります。
脱毛サロンにはとてもお得なキャンペーンが多く、少しでも安く脱毛をしたいと考えた場合、利用を考える事がお勧めです。
その為には、カウンセリングの際に契約が必要か等、利用に関する条件を確認し、条件に合わせた情報収集をしておく事が大切です。女性運動12

サロンでの施術料金なら安くできる?

2016/03/16

専門機関で脱毛施術する人が増えています。脱毛エステサロン、または美容外科やクリニックなどの医療機関での脱毛か、2種類の専門機関があります。施術できる部位や主流となっている脱毛方法の仕組みはどちらも似ていますが、脱毛効果が高いといわれているレーザー脱毛は、医療機関でしか扱うことのできない機器です。料金はサロンでの施術より高めですが、毛が生えるもととなっている毛乳頭や毛母細胞を破壊できるパワーがあり、高い効果が得られます。脱毛エステサロンの場合は、毛乳頭などを破壊できるほどのパワーがないため満足のいく脱毛に至るまで期間や回数がかかります。その分料金が医療機関より安くなる傾向があります。

また、医療機関には必ず医師、看護師が存在します。万が一の肌トラブルの場合に、診察をしたり薬などの処方をしてくれます。脱毛エステサロンの場合は、万が一の場合、対処が遅れてしまうことがあります。衛生管理という安全性はどちらもありますが、皮膚の専門医がいるということで、医療機関のほうがより安全な脱毛ができるといえます。

安いからという理由だけで施術場所を決めずに、それぞれのメリットとデメリットを考慮し決定することが大切です。

美容外科での施術料金はやっぱり高額?

2016/03/16

美しい外見を作るための美容医療は、今はメスを使わずに行える施術も増えたこともあり、より利用しやすくなっています。

美容医療は美容外科で利用することができますが、やはり施術費用は高額になるのではという心配をしている人もあるのではないでしょうか。

美容医療は美容目的の治療となっていますので、保険適用はされません。それゆえに治療は実費となる事は理解しておきましょう。
治療の費用、料金については、それぞれの美容外科の公式サイトなどで紹介されていますので、まずは確認し、複数のクリニックで比較して相場を知っておきましょう。

メスを使った大掛かりな治療の場合は治療費が高額となることも多いですが、プチ整形と呼ばれる治療の場合は比較的安く利用できることもあります。

そしてキャンペーンやモニターなども活用すればより安く治療を受けることができますので、そうした情報も確認しておきたいところです。
それから、同じような治療でもそれぞれの症状、状態によって治療費は変わってきます。

まずはカウンセリングや診察を受け、どのような治療が向いているのか、料金はどれぐらいになるのかはよく確かめておきましょう。
さらに支払いについても分割やローンがあるのかも確認しておくと安心です。

美容皮膚科での施術料金の相場は?

2016/03/16

脱毛サロンなどでは脱毛する部位により、1000円を切る料金で無制限で脱毛が出来ると言った広告を目にする事も多くなっていますが、低料金で脱毛が出来る事を知れば、自分も脱毛をしてツルツルの肌を手に入れたいと考える人も多いものです。

但し、脱毛サロンで行われている光脱毛は永久性が薄い事からも、再び生えて来る可能性が有ると言われています。

これに対して、美容皮膚科で行われているレーザー脱毛は、毛根組織を破壊する事からも永久性が得られると言ったメリットが有るわけです。
尚、美容皮膚科は病院施設と言う事になるのですが、病院での治療は保険が適用するものもありますが、脱毛においては自由診療と言う事からも保険適用されていません。

それ故に、どれくらいの金額がかかるのか気になる所です。

美容皮膚科での脱毛料金は部位により相場も様々ですが、例えば両脇の脱毛を行った場合は、1回で約5800円前後、5~6回このコースで行う場合は約29000円、胸などの部位の場合は広範囲となる野で料金相場も高くなり、1回で約25000円、これを5~6回のコースで行う場合は約12万円と言われていますが、美容皮膚科や部位により5倍から10倍程の差が生じるケースも在ると言われており、利用する場合は費用面やサービス面、保証などを把握した上で施術を受ける事が大切です。

クリニックとサロンでなぜ料金が変わるの?

2016/03/16

医療クリニックでの医療脱毛と、エステサロンでの脱毛では、お手入れのためにかかる金額は大きく異なります。その理由は、導入している脱毛マシンに大きな理由が隠されています。エステサロンで導入しているのは、光をメインしたフラッシュなどのマシンです。もともとはエステでの美顔器として使われていたこともあり、肌への照射に関しても、とてもマイルドな光でのお手入れになります。

マシン自体の価格も安く、照射ヘッドも大きくて効率よくムダ毛のお手入れができます。そのため予約を入れても、コンスタントにお客さんをまわせるので、時間的にも短く安い費用でムダ毛のお手入れができます。これに対し医療機関でのムダ毛のお手入れに使用するマシンは、本格的な医療機器になりますかあ、マシン自体も高額です。照射できるパワーはエステのマシンとは比べ物にならないほど高く、結果は確実に出していくことができます。

光を用いたマシンとは大きく異なり、特殊なレーザーでの照射でのお手入れになるため、ムダ毛を減らすだけではなく、永久だる毛効果を発揮することができます。ムダ毛の生えるための、毛乳頭などを完全に破壊するほどの威力があるため、施術のマシンは医療機器の強力なタイプです。

絶縁針脱毛(ニードル脱毛)をするなら

2016/03/16

脱毛の施術を受ける事が出来るのは、美容外科、美容皮膚科、脱毛サロンなどが在りますが、美容外科や美容皮膚科では医療行為を行う事が出来る病院と言う事からも医療レーザーを使ったレーザー脱毛が主流となります。

これに対して、脱毛サロンは医療行為が認められていないので、医療レーザーの取り扱いが出来ないため、光を利用した脱毛で行う施設が多く在ります。

また、医療行為として認められている脱毛の方法として絶縁針脱毛、もしくはニードル脱毛と呼ばれる手法が在ります。
2つの共通点は毛穴に細い針を刺して、針に電流や高周波を流すことで、針先に在る発毛組織を破壊すると言う方法で、電流もしくは高周波が熱エネルギーに変換されることで発毛組織を確実に破壊出来る方法です。

ニードル脱毛は肌に直接触れるため、火傷などのリスクが在るのですが、絶縁針脱毛は針に絶縁体が付いているので、肌に触れて火傷を起こすと言う事が無いと言った特徴が在ります。

また、針を刺す行為は医療行為となるので脱毛サロンでは認められていないため、美容外科などの病院のみで行われている脱毛の方法です。

因みに、毛穴に絶縁針やニードルを挿入して行うので、時間がかかる事や痛みを伴うなどのデメリットは在りますが、1本1本確実な脱毛効果在る事、色素沈着を起こしている部分や日焼けをしている場合でも施術を受けられると言うメリットも在ります。

光脱毛(フラッシュ脱毛)をするなら

2016/03/16

現在、脱毛サロンで主流になっている脱毛法が、フラッシュ脱毛です。
光脱毛とも呼ばれるこの脱毛法は、メラニン色素に吸収される光を、ムダ毛をなくしたい部分に対して照射していく方法です。
照射された光は、ムダ毛の中のメラニン色素に吸収され、その下の毛根を発熱させていきます。
その熱により、毛乳頭に刺激を与え、毛が抜け、そして次に毛が生えてきにくい状態を作っていきます。
医療機関での医療レーザー脱毛の場合、1回の施術で、毛根や毛乳頭をしっかりと破壊できるのに対し、光脱毛は毛乳頭を破壊するだけの威力はなく、施術を行っても、またその毛穴からは毛が生えてくる事になります。
ただ、以前に比べると、生えてくる毛は細く弱い状態に変わっていく事になります。
この施術で効果があるのは、施術時に成長期の毛穴だけの為、施術は、毛が生え揃うタイミングで何度も行っていきます。
光脱毛は、施術を行っても、最初のうちはムダ毛が生えてくる事になる為、ムダ毛が完全に生えてこない状態にするには18回から20回程度の施術が必要になります。
2ヶ月に1回のペースで施術を行う場合、3年程度の期間を考えておく必要があります。
脱毛をしたいと考えたら、完了までの期間もしっかりと意識しておく事が大切です。女性運動11

医療レーザーでの脱毛をするなら

2016/03/16

一度でもフラッシュ脱毛やIPL脱毛を受けたことのある人なら、医療レーザーの方が痛みが強いと感じるはずです。これは照射出力の差によるものであり、出力の強さと痛みの大きさは比例します。出力が強い分効果は大きくなるのですが、痛いのが苦手という人にはストレスが大きい可能性もあります。ただし、どうしても不安があるという場合には、医療機関ですので麻酔を使用することができます。当日いきなり麻酔を使用したいと申し出ると施術を行う側も色々と準備がありますので、きちんと事前に相談しておくことが大切です。
痛みが多少強いとはいっても、回を追うごとに軽減されていきます。一番最初がもっとも強く感じ、複数回施術を受けた後はほとんど感じなくなることも多いようです。そのため、それほど身構える必要はないのですが、不安な場合でもお試し照射を利用して実際の感触を試してみることができますので安心です。その結果に応じて麻酔を使用するか使用しないかを決めることもできます。
この施術の最大のメリットは医療機関で行われるということです。つまり、専門の知識を持ったスタッフが医療行為として施術を行ってくれますし、万が一の事態が起きても適切な処方が出されます。女性運動09

美容外科、美容皮膚科、脱毛サロンでの脱毛のメリットとデメリットは?

2016/03/16

脱毛サロンでの脱毛のメリットとしては、なんといってもお手入れにかかる費用がリーズナブルな点です。翌電車に乗ってもエステ脱毛の広告を目にしますが、キャンペーンの料金は驚くほど安いものです。新規顧客キャンペーンもですが、本契約をしたとしても、高額とは言えない料金で全身脱毛だってしやすいです。エステの場合は照射のときも、ほとんど痛みも感じないというのもメリットです。サロンも全国にいくつもあるので、エステは利用しやすいです。デメリットとしては、パワーが弱いので、脱毛の完了を迎えるまでの期間が3年くらいかかって長いです。永久脱毛もできないので、ムダ毛は減らすことが目的となります。これに対し、美容外科や美容皮膚科は医療機関になります。大きなメリットは、出力パワーが強い医療レーザー脱毛で処理するため、脱毛を完了させる期間が、エステよりもずっと早いことです。毛乳頭などを完全に破壊してしまう方法ですから、永久脱毛の効果を得ることができます。デメリットとしては、エステよりもずっと高額なお手入れになるということです。全身脱毛は50万円くらいは軽くかかります。痛みが強いというのも、医療レーザー脱毛のデメリットです。女性運動10

脱毛クリニックやサロンに行く前に!脱毛の基礎知識

2016/03/16

ムダ毛が生えてこず、自己処理の必要のない肌になりたいと考えた場合に有効な方法が、脱毛です。
脱毛をしたいと考えたら、美容系のクリニック、もしくはエステや脱毛サロンに通う事になります。
医療機関の方が料金が高く、エステ等は比較的手頃な値段で施術が可能というイメージを持つ人も少なくありませんが、医療機関は少ない回数の施術でムダ毛がなくなり、エステはムダ毛をなくすまでに多くの回数が必要になります。
その為、最終的に必要な総額で考えると、医療機関もエステも、それ程、変わらない状態になるという事も少なくありません。
医療機関とエステの差は、使える機械によるものです。
医療機関では出力が高く、効果も高い医療用レーザーを使う事が出来ます。
この医療用レーザーは、医療機関でしか使う事が出来ない為、医療機関ではないエステでは扱う事が出来ず、エステ等では医療料レーザーよりも出力と効果が弱い、光を使った施術が主流となっています。
効果の弱さは、回数でカバーをしていく事になる為、医療機関であれば6回程度で完了する施術が、エステでは18回程度の回数、必要になってくる事になります。
ただ、エステ等で行っている施術は、痛みが少ないというメリットがあります。女性運動08

最近の投稿