‘2016/01’ カテゴリーのアーカイブ

敏感肌や乾燥肌

2016/01/26

敏感肌や乾燥肌の肌質の人は、普通に人に比べて脱毛の際に肌トラブルを起こしやすいとも言えます。

脱毛サロンや美容クリニックに通うことはできないのではないかと考える人もいることでしょう。

ですが、敏感肌や乾燥肌であれば尚更プロによる脱毛を受けることが最適と言えます。
一番おすすめできないのは自己処理です。

カミソリや毛抜きによる自己処理だと、毛穴や肌に負担をかけ、また毛穴から雑菌が入り込みやすくなることで炎症やかぶれ、肌トラブルの原因にもなります。

それ以外に、毛抜きやカミソリによる肌への刺激で色素沈着や黒ずみを起こすこともあるのであまりおすすめできません。

家庭用脱毛器でも脱毛はできますが、脱毛後にアフターケアを怠ったり自己流で脱毛するので肌荒れを起こすリスクは高くなります。
また、脱毛ワックスや脱毛テープなども、貼って剥がすという行為自体が肌や毛穴に負担をかけるので、特に敏感肌や乾燥肌体質の人には向いていない方法と言えます。

敏感肌・乾燥肌体質の人には、肌にかかる負担が少ない脱毛サロンでのフラッシュ脱毛がおすすめです。
脱毛効果は半永久的ではないですが、確実に毛の量は少なくなることが期待でき、自己処理で肌を傷める回数も少なくなりますので、脱毛サロンでの施術を考えてみてはいかがでしょうか。

色素沈着の原因

2016/01/26

色素沈着の主な原因は、肌に与えてしまった刺激です。接触や摩擦などの物理的な刺激の他に、紫外線による影響もあります。下着などと摩擦の起こりやすい部位は色素沈着を起こすことがありますが、それが刺激が原因です。刺激を受けた肌細胞は正常な防御反応による働きでメラニンの生成を活性化させます。正常な範囲内ならターンオーバーによって排出されてしまいますのでトラブルにはつながりませんが、排出できる量を超えてしまうとメラニンが長く留まってしまい、色素沈着になります。
ムダ毛処理によっても色素沈着を起こすことがありますが、その場合にはその後の処理方法をより慎重に選ばなければなりません。最近ではそれらの肌トラブルを改善させる効果がある光脱毛を選ぶ人も増えており、肌に優しいと評判です。照射される光には肌中のコラーゲンの生成を活発にして、保水力を高める作用があります。代謝が活性化されてターンオーバーの周期が正常になりますので、肌を良いコンディションへと導いてくれます。ムダ毛を無くすだけでなく美肌効果まで得られる光脱毛は、美容に関心の高い人々にも選ばれている方法であり、最近では家庭用脱毛器でも処理できるようになっています。

毛のう炎とは

2016/01/26

毛のう炎とは、小さくて赤いぶつぶつができた状態で、中央に膿をもています。ひどい場合では痒みや痛みを伴うことがあります。ブドウ球菌が感染して起こる皮膚病で、傷から毛穴の中に侵入することで炎症を始めます。毛のう炎の原因は、ムダ毛処理です。カミソリや毛抜きでムダ毛を処理する人に当てはまります。深剃りや逆剃り、無理にピンセットで毛を引き抜くなどで、毛穴内部が傷つきます。汗をかきやすい部位にできるので、汗をかいたら洗顔やシャワーを浴びるなど清潔を保つことが大切です。またムダ毛処理は自分でするのではなく、脱毛サロンに行くのが良いです。多くの脱毛サロンでは肌を傷めない施術を行っています。一般的に医療レーザー脱毛が最も毛のう炎を引き起こしにくいとされます。ただし施術によって毛とその周囲が痒くなることがあります。痒くて爪で引っ掻くことで、皮膚表面に傷が付いてブドウ球菌を侵入させることがあります。痛みが気になる場合は、エステサロンの光脱毛にすると良いです。もしできてしまっても、抗生物質などを使えばすぐに改善されます。市販の薬は自己判断で服用するのが難しいので、医療機関で受診すれば適切な処置を受けられます。

埋没毛とは

2016/01/26

脱毛サロンや美容クリニックで施術を受けて脱毛する人以外に、あまりお金をかけずに自己処理で済ませている人も多いですが、実は自己処理による脱毛は場合によって埋没毛の原因になるとされています。

特に、毛抜きによる処理は毛を引っ張って引っこ抜くということ自体が肌や毛穴に刺激を与え負担をかけます。
そして毛根から抜けきれずに途中で切れてしまい中途半端に終わってしまうこともあります。

毛抜きによって炎症を起こした毛穴がその上からかさぶたを作ってしまい、途中で切れてしまったムダ毛がそのかさぶたの下に入り込むことで埋没毛になってしまうのです。

一度埋没毛になってしまうと、無理に毛を抜くこともできず、繰り返せば繰り返すほど毛穴はどんどんかさぶたを作り毛根の奥深くへとムダ毛が残ってしまい、肌の表面にボツボツと黒く残ってしまい見た目がさらに汚くなる原因ともなります。

埋没毛ができるのは毛抜きだけでなく、脱毛テープや脱毛ワックスでも起こりやすいので、たかがムダ毛だからといって自分で自己処理するときはいい加減にせずきちんと処理していくことが大切になってくるのです。

また、スクラブやピーリングなどであらかじめ余分な角質を除去して埋没毛を作りにくくする環境を整えておけばできにくくなるので、自己処理を始める前に準備しておくようにしましょう。

サロン脱毛がおすすめの理由

2016/01/26

脱毛する事は何もサロンに通う必要性は無く、自分で自宅で処理する事も可能です。
自宅で自己処理をした方がお金もそれほどかからないですし、自分の好きな時に脱毛する事が出来ます。
それにも拘らずにどうしてサロンで脱毛する人がいるのかというと、それだけのメリットが当然あるからです。
まず、自宅での自己処理というのは意外と肌トラブルが多いものであり、埋没毛や毛のう炎などトラブルが発生する事もあります。
若い内であれば多少の肌トラブルがあっても直ぐに治る事も多いですが、だからといって油断しているとだんだんと肌が傷ついてしまうので注意しなければならないです。
サロンで脱毛すれば頻繁に脱毛処理をしなくて負担を掛けずに済みますし、通っている間は美容の専門家が肌のケアもしっかりと行ってくれます。
キレイに見られたくて脱毛するにも拘らずにそれが原因で肌トラブルになっていたのでは、キレイになりたくて手間をかけて脱毛する意味が半減してしまいます。
金銭的な面でも最近のサロンならば大分低価格である事も多く、学生の人でも通う事は難しくなくなっている点もおすすめの理由の一つとして挙げられます。
このような理由からサロン脱毛がおすすめなのです。

メラニン色素と肌の色

2016/01/26

脱毛サロンに通いたいと考えた場合に、気をつけておきたいのが肌の状態です。
現在の脱毛の施術は、ムダ毛の中のメラニンに光を吸収させ、毛根を発熱させ、毛乳頭に刺激を与える事で、ムダ毛が生えてこない綺麗な肌を作っていく方法となっています。
このメラニンは、ムダ毛の中だけでなく、日焼けをしている肌にも多く含まれています。
ですから、日焼けをした肌に脱毛の為の光を照射すると、ムダ毛だけでなく肌の中のメラニンにも吸収される事になります。
肌の中のメラニンに吸収されると、肌のやけどの原因となる事もあり、それだけに、肌の状態によっては施術が出来ないという可能性が出てきます。
ただ、肌の中のメラニンは、春から夏の強い紫外線によって発生したメラニン色素で、紫外線が弱い秋頃になると、新陳代謝によって肌の外に押し出され、また白くて綺麗な肌へと戻っていく事になります。
ですから、肌の状態が落ち着けば、施術は可能となります。
ただ、脱毛サロンでの施術の場合、施術が完了するまで、3年程度の期間がかかるという事が珍しくありません。
その期間、途中で日焼けをすれば、予定通りに施術を進めていく事が出来ない状態となってしまいます。
ですから、施術を始めた後の日焼けにも注意が必要です。女性運動05

生理中や服薬中

2016/01/26

サロンでの脱毛は予約をしてから利用するのが基本ですが、状態によっては避けるべきときがあります。
まず血液で汚れやすい生理中が当てはまります。
いくら万全に対策をしていても血液でベッドを汚すかもしれませんし、施術を行うスタッフに余計な手間をかけることにもなります。
さらに、ホルモンバランスの関係で肌が敏感になっているせいで痛みを強く感じたり、抵抗力が落ちていて病気に感染するリスクも高まっています。
こういった点を考慮すれば、生理中は脱毛を避けるのが最善策だと言えるのです。
そのほか体調不良や薬を服用しているときにも、生理中と同様に脱毛は行わないようにしたいです。
体調不良なのに無理をして脱毛を受けてから、さらに体調が悪化する可能性も否定はできませんし、皮膚の免疫が弱まっていて脱毛による肌荒れなどが起こりやすくなります。
熱がある場合は、体が熱をもっているところにサロンの光脱毛で熱を加えることになり、火傷のリスクも高まってしまいます。
また、薬を服用しているケースでは、脱毛によって副作用が出ることがあるほか、薬の種類によっては光過敏症になることもあります。
そのため自己判断はせず、スタッフに相談するのはもちろんのこと、病院を利用しているならば担当の医師の承諾をもらうことも大切です。女性運動04

年齢制限ってあるの?

2016/01/26

脱毛サロンに通うかどうか検討する際に未成年の方にとって気になるのが年齢制限です。
最近では脱毛サロンも大分低価格になっていて通うのには年齢は関係なく、比較的若い人もいれば中高年の方でも美容に気を配って脱毛サロンに通っている方もいます。
若い人には未成年も含まれ、未成年の小遣い程度の金額でも脱毛サロンに通う事は難しくはなく、高校生ぐらいでも脱毛サロンに通う方もいます。
ただ、脱毛サロンの年齢制限についてはサロンによっても異なっているのが現状であり、15、16歳ぐらいからならば通う事が出来る場合もあれば、もっと低い年齢でも通う事が出来るサロンもあります。
いずれにしても、未成年の場合は大人の人とは違って親権者の同意が必要となり、親が同伴する必要があったり同意書の提出が求められます。
また、いくらサロンによっては低年齢でも施術が可能な所があるとは言っても、あまりにも幼い場合は脱毛してもこれから二次性徴する時にムダ毛が生えてくる可能性があるという事も理解した上で行った方が良いです。
幼い内から美容に気を配っておく事自体は悪い事では無いですが、その事を知らずに処理して脱毛サロンに通ったのに無駄になったなどと思わないようにして下さい。女性運動03

NGのケース

2016/01/26

今、多くの女性が通っていると言われるネイルサロン。一見、外観からは華やかさが目立ちます。しかし、爪の病気も存在するのです。華やかなネイルで報告されている【避けたい病気】の中には、爪甲剥離症があります。今の時代、自分でできるようになったジェルネイルはとても楽しいものでしょう。そんなジェルネイルをされる方は年々増加傾向にあります。しかし増加に伴って爪の病気が増えているのも事実です。誰でも手軽にでき、ネイリストにでもなったような気分になるかもしれません。自分でジェルネイルをすることは、手軽でコストを抑える効果もありますが反面、うまく管理できていないと健康を害することにもつながるのです。健康管理ができていなかったために、日に日に爪がボロボロになっているという話は少なくありません。爪はちょっとしたことから病気になるのです。その中でも爪の剥離症は比較的多いので知っておくと良いでしょう。毎日の爪の管理はとても大切ですので基本的な事はネイルサロンへいき、学ぶことも必要だと考えます。そして、今ジェルネイルをされている多くの女性の中で少しでも爪が薄くなってきたり、痛みを感じはじめている方はただちにジェルネイルをやめることをおすすめします。大切な爪の悪化を避けたいと考えるならサロンでしっかりと基礎から学ぶべきでしょう。女性運動02

サロン脱毛、出来るできないの判断は

2016/01/26

女性だけでなく今や男性も脱毛に関心を持つ時代です。そんな中で全国各地に大小の脱毛サロンが存在します。ところが脱毛サロンといってもサロンによって脱毛の方法が異なるのです。ですから一つのサロンで脱毛を断られた場合でも他のサロンでは脱毛が可能というケースも少なくありません。
脱毛といっても光脱毛やレーザー脱毛、ハイパースキン脱毛、ニードル脱毛と言ったように様々な脱毛方法があります。これらは脱毛の方法や毛が生えなくなるまでのメカニズム、施術のタイミングなどそれぞれで全く異なります。体の状態によっては施術を受けることが出来ない場合も少なくありません。日焼けをしていると脱毛の施術を行ってもらえないとよく言われます。これは脱毛の方法と関係があり肌に含まれる黒い色素に反応させて脱毛する方法の場合、毛ではない部分にも反応してしまい、やけどなどのリスクがあるという理由でNGなのです。しかしサロン脱毛は一種類だけではありません。ほかのサロンなど施術方法が異なれば可能な場合もあります。しかし焼け具合や体の体質というのは人によって異なるのであくまでもサロンスタッフにカウンセリングしてもらっての判断となります。
最近ではインターネットにセルフの脱毛可能かという判断方法が掲載されている場合もありますが、こうした情報はあくまでも目安に過ぎません。日焼けや敏感肌であるというような脱毛に関して気になる点がある場合には直接カウンセリングをしてもらい判断を仰ぐ必要があります。そうすることで機械の出力を弱めてもらい経過観察をしながら脱毛を完了させることが出来るなどその人に合わせたスケジュールを組んで脱毛を行えるのです。女性運動01

最近の投稿