‘2015/12’ カテゴリーのアーカイブ

動物毛ブラシがツヤ感アップするメイクを演出してくれる

2015/12/08

毎日のヘアケアに欠かせないアイテムと言えばヘアブラシです。
絡むことのない美しい髪に近づく為には、一日数回のブラッシングが必要です。
髪にもツヤ感を出してくれますし、頭皮に刺激を与える効果も期待でき、血行が良い健康な頭皮にしてくれます。
ブラシの種類には、ナイロン製のもの、金属製のもの、木製のもの、動物毛を使ったものなどがあります。
この中でナイロン製のものは、静電気が起きやすいので、傷みやすい髪の人はやめておいた方が良いかもしれません。
反対に動物毛を使ったもの、豚毛や猪毛を使ったものは静電気を起こしづらいという効果があります。
更に、キューティクルを整えてくれる効果が抜群なので毎日のブラッシングにはお勧めです。
毎日丁寧にお手入れすることで、綺麗なツヤ感が出来てくる事が期待できます。
豚毛と猪毛の違いですが、豚毛の方が柔らかく、猪毛の方は太めで、硬くコシがあるという特徴があります。
これは自分の髪質によって選択すると良いでしょう。
髪質が細く柔らか目な方には豚毛、太く硬めな髪質の方には猪毛のブラシが合っているようです。
また、髪の量によっても使いやすい大きさは違うので、自分に合ったものを選びましょう。
髪の量が多い人には大きいもの、髪の量が少なければ小さい物で良いでしょう。

髪にツヤを与える毎日のブローのポイント

2015/12/08

潤いとツヤのある髪に憧れを抱く人は多くいます。髪の毛は様々なストレスにさらされて痛みやすいものですが、洗髪とブローの仕方でツヤのある髪の毛にすることができます。

髪を洗う時には、爪を立てず指の腹でマッサージするように優しく洗うことが肝要です。爪を立てて洗うと頭皮が傷ついてしまい頭皮の状態が悪くなり、髪に必要な栄養素が十分に行き渡らなくなることがあります。そうすると切れ毛や枝毛の原因になってしまうので注意が必要です。

髪にツヤを出すためにブローの仕方も関係しています。髪をキレイに洗った後は十分に乾かすことが大切です。頭皮と髪が濡れたまま放置して自然乾燥させると、雑菌やカビが髪の毛に付き繁殖しやすくなります。また、髪のキューティクルが摩擦により剥がれて切れ毛や枝毛を起こしてしまいます。ブローする時のドライヤーの温度は高温になり過ぎないように注意することです。早く乾かしたいために高温でブローすると髪の毛を痛める可能性があります。

髪の毛が完全に乾く前に、ツヤを出すことができるトリートメントを髪に摺り込みます。そしてドライヤーの温度を冷風モードに切り替えて冷たい風で髪の毛を完全に乾かします。そのような乾かし方をすることでツヤのあるキレイな髪に仕上げることができます。

スタイルよりも質感が大事な髪について

2015/12/08

美人の姿をたとえることわざに「たてばしゃくやく、すわれば牡丹、歩く姿は百合の花」の言葉があります。スタイルと髪の質感とツヤが大事であることは、だれもがわかっていることです。スタイルの良い美人は多く、街でも見かけますが髪の美しい女性は少ないようです。外国人のスタイルの良さにも負けない現代女性はスタイルよりも質感が大事な髪についての知識を持つことが大事になります。髪を素敵に見せるためにほとんどの女性はヘアサロンや美容室に行きます。まだ、ヘアサロンや美容室のなかった時代の女性の髪は長く、ツヤがあり、質感も豊かであったように思います。きっと髪の手入れがしっかりできていたからでしょう。現代は多くのシャンプーやトリートメント、リンスがあります。女性はヘアサロンや美容室へ行く前の手入れで使用するシャンプーやリンスを選ぶとき慎重に自分の髪質とあうシャンプーやリンスを使用することが大切です。シャンプーの成分は90パーセントが水と界面活性剤で構成されています。界面活性剤は洗浄効果を期待して配合されている成分です。頭皮や髪への刺激が強いシャンプーは薄毛や頭皮の荒れの原因にもなります。また、洗浄力が強すぎると髪の質感やツヤがなくなります。自分にあったものを選ぶことがポイントです。

リップメイクがナチュラルメイクを引き立てるポイント

2015/12/08

女性は、自分の容姿を少しでも魅力的に見せられるようにメイクアップを行います。メイクは、自分の顔に対する悩みややコンプレックスをうまくカバーしてくれる優れものなので、堂々と他人と接するうえでも必要です。しかしメイクというものは、やりようによっては魅力を増すように働きかけるばかりではなく、特には逆効果となり、品性を疑われてしまうこともあるので、TPOを考え自分の年代にふさわしい演出を心がけましょう。年齢を重ねて肌トラブルが現れても、隠そうとメイクの厚塗りに走ると、かえって老けた印象を与えてしまうので、コンシーラーや下地を使って部分的にカバーし、ナチュラルメイクを心がけましょう。また、女性の中にはナチュラルメイクを勘違いしているのか、リップメイクを全くしない人がいますが、あれは顔が不健康そうに見えるのでお勧め出来ません。唇が綺麗なピンク色をしている人はそれほどいないので、必ず唇に色は乗せましょう。また、しっかりメイクに見せたい場合は、リップペンシルで輪郭を綺麗に取ってから口紅を塗ると、色がくっきりと際立つので顔が引き締まって見えます。リップメイクは顔全体のイメージを決める最後の締めでもあるので、薄化粧の場合でも必ず行いましょう。

ふんわりチークのポイント

2015/12/08

女性のたしなみであると同時に、趣味の一つでもある化粧に使う化粧品は日々進化しています。必要な化粧品は人によって様々ですが、多くの人が使うものがいくつかあります。基礎を意味するファンデーション、顔のシミなどを隠すコンシーラー、アイブロウにアイシャドウ、マスカラといったアイメイクに必要な化粧品、口元を彩るグロスやリップライナー、そしてチークです。チークはほほにつける化粧品で血色を良く見せる効果があります。顔の血色がよく見えると、顔全体が明るく健康的に見える他、若々しく見せる効果もあります。実際、チークがあるのとないのとでは、人が受ける印象にも大きく違いがあります。また、入れる角度や場所によっても印象が変わるのがチークのすごいところです。明るいベビーピンクなどの色をふんわりとほほにのせると、華やかな印象を与え、初対面の人に好印象を持ってもらえます。ふんわりチークのポイントは、濃くつけすぎないことです。さらに濃い色よりもピンクなどの優しい色を選びましょう。ブラシでつける場合は大き目のブラシで大きく薄く円を描くように色をのせます。ブラシではなく、パフでやる場合は、軽くポンポンとのせます。このとき、あまり顔の横や上の方にのせない方が綺麗な仕上がりになります。

カワイイのポイントは自然な色使いのアイメイク

2015/12/08

女性のメイクで気合を部分といえばアイメイクと答える方も多いのではないでしょうか。お人形さんのように大きくてパッチリした目元には誰しも一度は憧れを抱いたことでしょう。ただ目を大きく見せたいあまり目の周りが真っ黒なんてことになってしまうと可愛さが損なわれてしまいます。せっかくメイクをするのであれば遠くで見ても近くでみても可愛いと思われるメイクをしたいですよね。そのためには自然な色使いでナチュラルに目を大きく見せるのが効果的です。ブラウンやゴールド、オレンジがかったブラウンなども肌なじみが良いのでそういった色をベースにグラデーションを作っていきます。ラメ感が強く大きなものを選んでしまうと少しケバさが出てしまうのでラメよりもツヤ感のあるもので艶やかな目元を目指すのが旬です。アイラインはまつげの隙間を埋めるように、ここでもブラウンを使用することで優しい印象に、ブラックを使用するとキリっとした印象になります。ブラックは引き締め効果が高いので目の形によっては逆に小さく見えてしまうこともあるのでブラウンがおすすめです。まつげはしっかり三段階で上げて根元からマスカラを塗ってあげればナチュラルでぱっちりした可愛いアイメイクになりますよ。ガーデニング01

眉毛はナチュラルに太めで優しく書くのがポイント

2015/12/08

女性は、少しでも魅力的に見えるようにメイクアップを行いますが、メイクは自分の顔のパーツに対するコンプレックスもうまく改善してくれるものなので、上手に使えばプラスに働きますが、一歩間違えると逆効果となってしまうことも否めません。メイクにも流行があるので、いくら気に入っているからといって、いつまでも時代遅れのメイクを行っていては、おばさんくさいイメージを与えてしまうので、時代に合ったデザインやカラーも取りいれなくてはなりません。特に眉毛は流行り廃りがはっきりしており、顔の中でも目立つパーツなので、非常に重要です。今の流行は太めですが、優しさを出すためにも、眉毛の色は明るく染めましょう。パウダータイプのアイブローでぼかしたり、ペンシルで書いた後に眉マスカラを使うと、毛の色を変えることができるのでおすすめです。ヘアーサロンの中には、髪の毛のカラーロングの際に眉毛も染めてくれるところもありますが、お肌の弱く敏感な方は目元という非常にデリケートな場所なのであまり行わない方が良いでしょう。今の流行の太眉は、いわゆるバブル期の太眉とは違い、手を加えた太めなので、なにもせずにほったらかしにしているのは、だらしがなく見えるので、ある程度ムダ毛は処理し、毛の長さも整えましょう。

しっかりベースメイクがポイント

2015/12/08

男性が好きな女性のメイク法は圧倒的にナチュラルメイクだといいます。男性ウケのするメイクを心がけるならば、濃いメイクは卒業してナチュラルなお化粧をすることです。そのような自然なメイクのポイントは、ベースメイクをしっかりと行うことにあります。肌感はソフトで優しい印象を心がけ、程良く力を抜いたメイクを目指します。このようなベースメイクの要は、薄づきに見えることが重要なポイントです。ファンデーションを塗る前に自分の肌悩みに合わせた下地を塗ることで、綺麗な肌に近づくことができます。またファンデーションを塗る範囲に注意して、顔の中心はしっかりとフェイスライン際は薄めにします。目の下のクマや気になるシミはカバー力の高いコスメでカバーします。ファンデーションを塗った後は、細かい粒子のフェイスパウダーを顔全体に薄くつけます。パールなど光沢が配合されたタイプを使用すれば、より一層華やかでナチュラルな印象に見えます。そして何よりも肝心なポイントはメイク前の念入りな保湿です。洗顔後の肌にしっかりと水分を補給して潤いを与えることで、化粧崩れのしにくいメイクのりの良い肌へと導きます。ナチュラルメイクを目指すには、このようにベースメイクをしっかりと行うことが非常に大切で美人顔への近道です。ガーデニング02

作り過ぎないナチュラル感がモテメイクのポイント

2015/12/08

女性は、少しでも綺麗だと思われたいという願望があるので、自分の容姿に対してはいろいろと気を遣いお手入れを行います。特にメイクは、自分の顔のパーツに対するコンプレックスもうまくカバーしてくれる鎧のようなもので、自分に自信をつける意味でも必要だと考える方が多いものです。しかしこのメイクアップは、そのようにプラスに働くだけではなく、一歩間違えてしまうと下品に映ってしまうこともあるので、TPOをわきまえているか、独りよがりになっていないか、といったことを常に意識しておくことが大切です。特に異性は、年齢に関係なくナチュラルメイクを好む傾向にあり、今どきの目力全開のごてごてメイクは引き気味です。アイメイクに力を入れるのはメイクのポイントとしては基本ではありますが、決して作り過ぎないことが、モテメイクにつながります。極力柔らかな色味を使ったり、アイラインもまつ毛の間を埋めるように細く入れたり、まつ毛も適度に隙間が見えるように透け感を作りましょう。また、ラメ入りのコスメを使ったキラキラ感を、前面に出しすぎるのは良くないので、くすみがちな目元に少量使う程度が美しいです。そしてベースもべったりとファンデーションで仕上げるのではなく、肌トラブルをコンシーラーなどの下地で隠し、日焼け止め、パウダーで仕上げればナチュラルでも綺麗な肌に見えます。

女子アナメイクが男女共に人気の理由

2015/12/08

異性にも同性にも良い印象を与えるメイクをしたいと考えた場合、女子アナメイクを参考にする事がお勧めです。
女子アナのメイクというのは、華やかな印象を与えるのに、ケバくない事が特徴です。
少しでも印象的なメイクをしたいと考えたら、マスカラをしっかりと塗る、つけまつげを付ける、目立つ色でチークを入れる、印象的な唇を作る等、やり過ぎと感じるメイクになってしまう事が少なくありません。
本人は、それによって印象的なメイクが出来たと満足をしていても、周りからはやり過ぎ、ケバいと感じられてしまっている可能性があります。
若い女の子であれば、目力にこだわるメイクも良いでしょう。
ですが、社会人になれば、徐々にナチュラルメイクに切り替えていく事がお勧めです。
ただ、ナチュラルメイクを意識すると、すっぴんに近い素っ気ないメイクになってしまう事があります。
すっぴんが良いという人もいますが、すっぴんに近い状態は、ビジネス等の場にはそぐわない上、女性らしさが足りない印象を与える原因となります。
そんな状態を回避するには、女子アナメイクを参考にメイクをしていく事がお勧めです。
それにより、華やかだけど、ケバくない、良い印象のメイクをしやすくなります。ガーデニング03

最近の投稿