‘2015/10’ カテゴリーのアーカイブ

腕と脚のムダ毛におすすめの脱毛法

2015/10/16

小物02自分で腕や脚のムダ毛の処理をする際にはカミソリやピンセットを使う場合がほとんどだと思います。しかし、カミソリを使うと短時間で処理をすることができる反面、次の日にはもう生えてきてチクチクします。ピンセットを使えばしばらくは生えてこないですが、その分処理をするのに時間がかかります。そういったときには脱毛ワックスを用いて処理をすることをおすすめします。この方法は肌と吸着する成分を含んだワックスがついたシートを処理したい部分に貼って、そのシートを一気に剥がすことで処理を行います。一度に広範囲の処理を行うことができるので、非常に便利です。抜いてしまうので、一度ワックスを使えばしばらくは生えてこなくなります。特に脚などは範囲が広いのでピンセットを使うよりもはるかに効率的に処理を行うことができます。普通の薬局などでも購入することができるので、一度試してみることをおすすめします。ただし、一気に抜くためそれなりの痛みは伴うので、痛みが得意ではない人は注意が必要です。最近では痛みの少ないゲル状のワックスを用いた商品も販売されているので、痛いのが苦手な人はそういった商品から始めてみるのがいいかもしれません。

顔のムダ毛におすすめの脱毛法

2015/10/16

顔のムダ毛のお手入れは、フェイス用の小型電気シャイバーでのお手入れが、最も手軽に処理できます。カミソリでのお手入れだと、皮膚への負担も大きいですし、使用するにしても安全面が気になります。電気シェーバーでのお手入れであれば、安心してシェービングをすることができます。しかし、処理をしてもまたすぐにムダ毛は生えてくるため、こまめな処理が必要になってきます。

そこでおすすめな脱毛法は、エステサロンでのフェイス脱毛です。エステサロンでのお手入れであれば、エステティシャンが脱毛マシンを使用して、ムダ毛の処理をしてくれます。カミソリでの処理のように、こまめにムダ毛をシェービングしなくても済むようになります。1回だけの照射では変化はわかりませんが、何回も通って回数を重ねていくと、だんだんと毛量にも変化が見えてきます。

エステサロンの場合は、クリニックなどでの医療脱毛と比較しても、費用はリーズナブルです。通い始めるにしても、お財布にも優しいので、スタートがしやすいです。通って施術を受けることで、だんだんと毛量は減っていきます。そうなれば、自分でのムダ毛の処理も少なくなっていきます。ムダ毛を無くしつつ、美肌効果まで期待できておすすめです。

自宅で行う脱毛法のメリットとデメリット

2015/10/16

小物01女性にとって、ムダ毛というのは出来る限り人目に付いて欲しくない存在だったりします。なので人目に付かない様に、脇や脚といった人目に付きやすい部位のムダ毛は特に、用心して処理すると言うのが一般的です。
そんな中、自宅で行う脱毛法には、メリットが幾つかあります。まずは、脱毛サロンに施術を受けに行くという手間を省く事が出来るというのが大きいです。特に田舎に住んでいる人は、最寄りの脱毛サロンに行くとなると、辿り着くまで長時間掛かってしまい、通うというのが物理的に難しいケースもあります。しかも最近では、脱毛サロンで使用しているのとほとんど性能が変わらない家庭用の脱毛器も販売されているのです。なのでそういった高性能の脱毛器を購入して使用すれば、脱毛サロンで施術を受ける時の様な綺麗な仕上がりも、期待出来ます。わざわざ脱毛サロンに通うという手間を、省く事が可能です。
ただし反対にデメリットというのも、存在します。というのも脱毛サロンの場合、施術を行う前にカウンセリングでその人の肌質をチェックし、その人の肌質に合った脱毛法を選択してくれたりするのです。ですが家で行うとなると、選択の幅は狭く、高性能の家庭用脱毛器でも肌に合わないと、肌トラブルが起きる危険性が高かったりします。更に幾ら高い性能の脱毛器を使用しても、自力だと背中やデリケートゾーンといった部位の処理を行うのは難しいです。

自分で出来る効果的な脱毛のやり方

2015/10/16

エステやサロンでの脱毛は最近ではすっかり身近なものになりました。しかし店舗が近くになくて通うのが面倒くさい、仕事が忙しく時間がなかなか取れない、金銭的に余裕がないなどの理由で、自己処理をしている人もまだまだたくさんいます。自己処理を行う場合には、大きく分けて4つの方法があります。色を抜く・剃る・溶かす・抜く、この4つです。まず色を抜く方法ですが、これには脱色剤を使用します。毛の量が少ない人などに向いています。毛の量が多い人が行うと、不自然さが目立ってしまうので注意が必要です。また肌への刺激が強いため、デリケートゾーンに使うのはやめた方がいいです。剃る場合は、カミソリなどを使用します。使用箇所別に様々なサイズの物も販売されているので、すべての部位に使用することができます。しかしすぐに再生してしまうので、効果の持続性には欠けます。溶かすというのは、除毛剤を用いる方法のことです。薬品により科学的に分解して溶かします。処理に時間がかかる割には、持続性は少ないです。最後に抜く方法についてです。抜くというとまず毛抜きを想像しますが、一本ずつ抜いていくのは非常に手間と時間がかかります。ワックスや電気脱毛器もこの部類に入ります。毛を根元部分から引き抜くと、綺麗に仕上がるというメリットがあります。また効果も長続きする傾向にあります。自分で行うときは、抜いて処理するのが効果が長持ちします。

クリニック・ホームケアのオススメ脱毛法

2015/10/16

花瓶02女性は、身だしなみとしてもムダ毛の処理をしなければなりませんが、脱毛ケアは私たちが考えている以上に、素肌には刺激の強いものなので、お肌を傷付けないように綺麗に仕上げるためには、脱毛法の選択だけではなく、処理後の保湿ケアなども徹底しなければなりません。もっとも美しい仕上がりが出せ、お肌へ与えるリスクも抑えられるものとしては、美容外科クリニックや美容皮膚科といった病院で、医師による医療レーザー脱毛を受けるに越したことはありません。医療脱毛は医師が行う治療そのものなので、まずしっかりと肌を診察し、一人一人に合った脱毛計画を立ててくれます。その為、少ない施術回数で完璧な処理が行え、その効果は永遠に続きます。私たちがよく耳にする永久脱毛はこの医療脱毛のことで、エステ脱毛ではこれほどの効果は出せません。またお肌の専門家が行うため、万が一肌トラブルが起きてもすぐに処置を行ってもらえるので、症状が悪化することもなく安心です。一方、自宅で行うホームケアでは、やはり家庭用脱毛器を使ったお手入れがおすすめです。最近の脱毛器は家庭用とは言えサロンと同レベルの美しい仕上がりが出せると評判です。痛みの少ない光脱毛器や効果の高いレーザー脱毛器がおすすめです。

自宅でできるムダ毛ケアのメリット・デメリット

2015/10/16

花瓶01自宅でできる無駄毛ケアでまず基本的なものは、カミソリです。入手しやすく、簡単に使うことができ、費用もやすく、手間もかかりません。カミソリは消耗品なので、切れ味が悪くなったら新しいものと取り替えます。使う際には、必ず潤滑剤となるものを使用することが大切です。
デメリットとして、太くしっかりとしたムダ毛は断面が目立つため、きれいに仕上がりません。また、刃物なので、切り傷ができてしまう場合があり、お肌に負担をかけてしまいます。効果も長持ちしません。
次にシェーバーは手軽で、広い範囲の無駄毛を一気に処理することができます。次に、傷つけてしまう心配もありません。利用方法として、処理を始めるまえにははさみなどで短くカットしておきます。丁寧にメンテナンスをすることで切れ味が長持ちします。
ただ、カミソリ同様にきれいに仕上がらないことと、効果が長持ちしません。また、費用は機種によって高級品もあり、カミソリなどと比べると若干費用がかかります。
ヒートカッターは、無駄毛を焼き切ります、まあまあ綺麗に処理ができて、手軽で早く、肌に触れないように作られているため、安全性も高いです。効果は長持ちしないし、処理中の匂いが強く、やや価格も高いのがデメリットです。

夏到来!ムダ毛知らずのつるスベ美肌になる方法

2015/10/16

夏になると露出の多い服を着る機会が増えます。そんな時に、気になるのが、ムダ毛です。女性なら誰でも一度は悩んだことがあるでしょう。自己処理による脱毛は剃刀負けや埋没毛を作ってしまい、お薦めしません。

医療レーザー脱毛がお薦めです。毛の周期に合わせて、永久脱毛したい部位を照射します。数か月に一度、医療機関に通うと、二年もしないうちに、ムダ毛知らずの肌になれます。値段は、部位によって違いますが、脇などは安くて早いです。数万円で、脇の永久脱毛は完了します。個人差はありますが、10回も通わなくていいです。

レーザー脱毛は、最初から毛が生えていない状態になれるので、つるつるの肌を手に入れることができます。毛根を死滅させるので、ちくちくとした毛が生える心配もないのです。まさに触りたい肌になれます。脇や、腕や膝下は特に暑くなると、脱毛が欠かせません。自己処理は仕上がりが悪いので、レーザー脱毛であらゆる部位を綺麗にするのが一番です。通うのは時間がかかりますが、長期的に見れば、永久的に生えないので、長い人生、メリットのほうが圧倒的に多いです。人から綺麗と言われる肌になれるので、ぜひ近くの医療機関で脱毛しましょう。

気になるアンダーヘアのお手入れ方法

2015/10/16

夏になると、水着も着る機会もありますし、アンダーヘアのお手入れは必須です。でも、やり方がいまいちわからない方が多いのも事実です。

気になるアンダーヘアは濃い人は、太ももの付け根まで生えています。家でお手軽にできる方法として、女性用の剃刀を使います。T字ではなく、デリケートゾーン専用の剃刀です。刃がたくさんついていますし、デリケートな部分に特化して作られているので、使うのも安全です。水着を着る前日に、入念に剃刀で剃りましょう。剃刀負けして、肌が赤くならないように、時間をかけてしっかりと剃ります。剃った後は、アフターローションで保湿をしましょう。除毛の効果が長くなり、肌が潤います。

長いアンダーヘアは、アンダーヘアーカッターでヘアを焼くようにして、毛を短くします。ハサミでカットすると、先端がチクチクとして、下着から毛が突き出すことがあるので、ヘアーカッターで先端を丸くします。柔らかい毛質になるので、水着や下着の下の中のヘアはこれが基本です。剃刀とヘアーカッターを使い分けて、デリケートゾーンのヘアは処理するといいでしょう。デリケートゾーンの毛は密集していて剛毛ですが、生理の時は経血で不潔になりやすいので、日ごろからこまめにカットするのがいいでしょう。

簡単!ビキニラインの無駄毛の処理方法

2015/10/16

夏になると水着になることがあります。そこで気になるのがビキニラインのヘアの処理です。日ごろはあまり意識していない部位の毛ですが、水着のように面積の小さい服を着る機会にはどうしても処理をしなくてはいけません。

簡単な処理は、ビキニライン専用のヘアカッターがあります。普通にはさみなどで、ヘアをカットすると、どうしてもチクチクとした毛先になり、パンツから飛び出してしまいます。ヘアカッターを使うと、先端が鋭利ではなく、丸みを帯びてカットしてくれるので、パンツから飛び出すようなものになりません。焼いて、処理をするので、自然な処理が可能です。そして、ヘアカッターで処理したら、ビキニラインのヘアをアフターシェービングローションやパイナップルローションをつけます。柔らかいヘアになります。

太ももの付け根などのヘアは、ビキニライン専用の剃刀で剃りましょう。それ専用に開発されていますから、安全な刃ですし、きれいに剃れます。女性ものを使うことが重要です。男性用のT字剃刀を使わないことに注意しましょう。剃刀もあとで、アフターローションをつけて、肌を清潔に保つことが重要です。これで夏のデリケートゾーンのヘア対策も問題ありません。

ムダ毛の正しい処理方法と注意点

2015/10/16

ムダ毛の処理は夏には欠かせないです。しかし、間違った方法をすると、毛根がおかしくなります。まず、毛抜きは、比較的綺麗に仕上がることで人気がありますが、毛根の仕組みをおかしくさせる行為なので、次に生えてくるときに、3本生えてきたり、本数が多くなることがあります。また、埋没毛を作る原因となりますので、埋もれた毛が肌の表面にたくさん残ります。剃刀は一番気軽で時間も早いですが、生えてくるのも早いので、お薦めしません。

医療レーザー脱毛ならば、永久脱毛が可能です。値段は部位によって違いますが、一回の照射で数千円くらいです。数か月に一度のペースで複数回通うことで、そこの部位の毛は消滅します。レーザーが毛根を死滅させるので、もう二度と毛が生えなくなるのです。医療行為ですので、専門の方が施術を行うので、安心安全ですし、値段もその都度払うので不安面もないです。何より、永久脱毛なので、もう自己処理をしなくて済みますし、露出の多い時期に、気にすることもありません。仕上がりが大変美しく、まるで最初から毛が生えていない状態にまでなります。まさに触りたいつるつるな肌に生まれ変わります。インターネットで近くの医療機関を探してみるのがベストです。

最近の投稿