‘2015/09’ カテゴリーのアーカイブ

ペットの皮膚病や口臭を予防する効果も!

2015/09/24

美容や健康に役立つアイテムとして、ココナッツオイルが注目されています。
その抗菌作用や効果的な代謝作用は、ペットの体のためにも、いろいろな効果が期待できます。
例えば、毎日与えるドッグフードに混ぜることで、消化機能を改善して、口臭を予防することがわかっています。
運動能力を促進するため、肥満気味であったり、元気のない犬にも適しています。
また、アレルギーやアトピー性の皮膚炎には、ココナッツオイルのかゆみをおさえる効果が役立ちます。
普段から与えていると、アレルギーによる皮膚病の症状そのものを解消できる場合もあります。
そして、散歩に行ったペットの、虫刺されによる部分的なかゆみや、皮膚病による炎症やドライスキンなどが見られる場合には、直接ココナッツオイルを塗るという使い方もできます。
もちろん、食用にもなり、口臭予防などのためにペットに与えられるオイルのため、塗布した後体をなめたりしても、無害なので、安心して使用することができます。
とくに異常がなくても、普段からブラッシングのときに、人間のヘアケアに使うときのようにココナッツオイルを使っていると、毛がつややかになることはもちろん、皮膚病や虫刺されなどの予防にもなります。

ココナッツオイルでアルツハイマー予防・改善

2015/09/24

アルツハイマーになると物が覚えられないだけではなく、脳の機能が衰えていく為自分で着替えをしたり食事を取る事もできなくなります。
ココナツオイルにはそういったアルツハイマーを予防、改善できる効果がある事がわかっています。
脳の活動に不可欠なのがブドウ糖ですが、アルツハイマー病患者はこのブドウ糖を脳細胞で利用できるように変換することが出来ない為、脳細胞が死滅して症状が進行していきます。
脳の活動を支えているエネルギー源にはブドウ糖のほかにケトンという物質があります。ケトンは体内のブドウ糖濃度が低い時にしか作られないため、体内で生成させる為には糖質を少なくしてたんぱく質と脂肪の多い食生活に変えなくてはいけません。
しかしココナツオイルを摂取すると体内のブドウ糖の量にかかわらずケトンが作られるため、脳がエネルギー不足にならず正常に活動するようになります。
すでにアルツハイマーになっている場合には、ココナッツオイルを大さじ1杯~2杯、1日3回に分けて摂るようにすると症状が改善されます。
ココナッツオイルは加工がされていないエキストラヴァージンココナッツオイルが効果的です。甘い香りがしますが癖のないオイルなので、料理に使うほか飲み物などに入れて飲む方法もあります。

ココナッツオイルでヘアパックする方法

2015/09/24

ココナッツオイルには分子量の小さい中鎖脂肪酸がたくさん含まれているので髪の毛に浸透しやすくて馴染みやすく、ビタミンEもたくさん含んでいるため傷んだ毛先の補修や乾燥などでぱさつく髪にツヤと潤いを与えることができます。ココナッツオイルでヘアパックする方法はココナッツオイルをスプーンですくってたっぷりと塗っていきます。このとき髪に毛だけでなく地肌にも届くように塗っていくようにしましょう。傷みのひどい毛先などには念入りに塗るようにします。塗り終えたら、指の腹を使って頭皮全体をやさしくマッサージしていきましょう。髪の毛全体にオイルが行き渡ったら髪の毛を1つにゴムなどでまとめます。更に浸透させるためにラップを巻きます。髪にしっかりと密着するようにしっかりと巻きましょう。濡らしたフェイスタオルをレンジで温めて蒸しタオルを作ります。それをラップを巻いた頭全体を覆うようにしてタオルで巻きましょう。そのまま30分から1時間放置します。放置する時間が長いので汚れても良い服装や、首周りの広い服を着て行うと良いでしょう。その後はシャンプーでオイルを洗い流します。シャンプーは普段使っているもので構いません。しっかりと洗い流したらコンディショナーで仕上げましょう。

砂糖と混ぜてオリジナルココナッツオイルスクラブを作ろう!

2015/09/24

砂糖には高い浸透力があり、水分を吸湿する働きがあります。この高い浸透力は肌に自然に溶け込み馴染む力を持っており、吸水性があるため、水分をひきよせ、しっとりした滑らかな肌へと導きます。また、保湿力があるため、肌に水分を取り込んだ後も外に逃がさない力があるため、うるおいを持続させる作用があります。肌を引き締める効果がある塩に対して、肌を柔らかくする効果があります。
保湿効果があり、水に溶けやすいという砂糖の性質を活かした角質ケア用品にシュガースクラブがあります。これは自家製も可能です。砂糖(甜菜糖、ブラウンシュガーなど)とココナッツオイルを1:1の割合で混ぜ合わせれば出来上がりです。好みでエッセンシャルオイルを数滴混ぜれば、オリジナルココナッツオイルスクラブになります。
ココナッツオイルなど、天然の植物性オイルは、外的刺激に対する肌のバリア機能を高める効果があります。砂糖は粒子が角ばっているのでスクラブ効果があるのですが、そのままでは肌への刺激が強いので、植物性オイルを混ぜることによって、オイルが肌と砂糖の間にクッションとなることで、刺激を和らげると同時に、肌全体に均等に行き渡らせる働きをします。
肌に優しく馴染ませるようにしてマッサージし、しばらく放置してぬるま湯で洗い流します。浸透力が高まった肌は、化粧水や乳液といった基礎化粧品の浸透が良くなり、保湿力が高まった肌はきめ細かく、そして柔らかくなります。角栓も取れやすくなるので、毛穴を目立ちにくくする効果もあります。

抗酸化作用でアンチエイジング!ボディケアもココナッツオイルで!

2015/09/24

今、世間で最も話題の商品と言えば、ココナッツオイルです。特に女性を中心として人気を集めており、その高い健康と美容効果によって、その人気は衰えるところを知りません。
ではまず、ココナッツオイルの美容健康効果について具体的に紹介していきます。ココナッツオイルの美容健康効果の中でも特筆すべき点とは、アンチエイジング効果と美肌効果です。
アンチエイジングとは、老化を遅らせることを目的とした予防医学のことを指します。なるべく老化現象をゆっくりとさせ、年を重ねても若々しく、元気に生活することを目的としています。このアンチエイジングには、抗酸化物質を摂取することが欠かせません。抗酸化物質を含む成分を摂取することで、老化の原因である活性酸素を除去してくれる効果があるのです。つまり、アンチエイジングに欠かせない抗酸化物質を多く含んでいるのが、ココナッツオイルなのです。ココナッツオイルに含まれているケトン体という物質の中には、強力な抗酸化作用があり、老化を遅らせる効果があります。またココナッツオイルには、ラウリン酸という成分が含まれており、肌トラブルの予防に効果的です。その上、ビタミンEも豊富であることから、シミやシワを防ぎ、美肌へと導いてくれるのです。

リンパマッサージもヴァージンココナッツオイルで贅沢に!

2015/09/24

af9920062035lリンパマッサージを行う際にヴァージンココナッツオイルを使うことで、より効果を高めることができます。ヴァージンココナッツオイルを使うことにより、デトックス効果や保湿、酸化防止効果などを得ることができます。
身体が冷え血液の流れやリンパの流れが悪くなることでむくみやすくなります。ココナッツオイルには、ビタミンEが含まれています。ビタミンEには、血管を拡張して血液循環を促す働きがあります。血行が良くなり、新陳代謝が上がることで、むくみの原因である溜まった余分な水分や老廃物、毒素が体外へと排出されやすくなります。また、皮脂に近い高い保湿効果があるため、肌なじみがよく、乾燥から肌を守り、潤いを保つことができます。酸化したオイルには毒素があるため、使用すると炎症を起こすことがありますが、ココナッツオイルは酸化しづらい中鎖脂肪酸であるラウリン酸を含んでいるため、清潔に保管することで、開封しても約1年は酸化の心配なく使うことができます。また、ラウリン酸は、抗菌、抗酸化作用が高いため、免疫力向上も期待できます。
他にも、ココナッツの甘くさわやかな香りがあるためリラックス効果が期待でき、ベタツキなどの心配がないメリットがあります。

冷え性にも効果的な理由

2015/09/24

af9920062032l女性は冬になると、手足だけが氷のように冷たくなる人が多いので、布団に入るときも、手袋や靴下がなければ寝られないという方は少なくありません。
冬だけでなく、夏にも冷え性は起こるので、エアコンの効いた部屋には長くいられないという方も多いですが、今話題のヴァージンココナッツオイルを摂取すれば、改善できるようになります。
ヴァージンココナッツオイルにはダイエットやアンチエイジングに役立つ美容効果や、糖尿病予防などの健康効果もありますが、冷え性にも効果があるので、悩んでいる方は使ってみてください。

ヴァージンココナッツオイルが冷え性にも効果がある理由は、甲状腺の機能を健康に保つ働きがあるためです。
甲状腺の機能が正常だと、新陳代謝を活発にしたり、内臓の働きを良くすることが出来ますが、女性はこの機能が低下しやすいため、手足の冷えや、慢性疲労、乾燥肌、うつなどの症状が起こりやすいといわれています。
一般的な植物性オイルは多価不飽和脂肪酸を多く含んでいて、甲状腺機能を低下させるのですが、ヴァージンココナッツオイルはほとんどが飽和脂肪酸なので、その心配がありません。
ヴァージンココナッツオイルを使うだけで、甲状腺機能が回復し、冷え性が治るので、試してみてください。

ヴァージンココナッツオイルがダイエットに効果的な理由

2015/09/24

af9920061979mモデルやセレブが愛用していると公言していることから、知名度と関心が急激に高まっているヴァージンココナッツオイルには、抜群の美容効果があります。
ココナッツオイルとヴァージンココナッツオイルの違いは精製されているか否かで、無精製のヴァージンココナッツオイルは、一切の添加物がなく、ココナッツの実から非加熱で抽出されているので、より新鮮です。
ヴァージンココナッツオイルは、体脂肪を分解させる効果がある中鎖脂肪酸が約70パーセントを占めているので、ダイエット効果が大いに期待できます。体に蓄積された脂肪を燃焼させ、人間が活動していくうえで必要となるエネルギーに変換してくれるので代謝がアップし、あたらに脂肪をつけにくい体へと導きます。さらに、腸の働きを整える作用もあるため、便秘が解消されます。
つまり、食事制限や断食などはしなくても、ヴァージンココナッツオイルを積極的に体内に摂り入れるするだけでダイエットができます。使い方は、他の油と同じのように料理に用いたり、紅茶などドリンクにスプーン一杯分を入れて飲んだり、トーストに塗るだけなのでとても簡単です。
ビタミンEも豊富に含まれているので、美肌やアンチエイジングにも有効です。

ヴァージンオリーブオイルならぬ「ヴァージンココナッツオイル」とは?

2015/09/24

af9920061966lヴァージンココナッツオイルとは、ココナッツが持つ栄養を壊さないよう低温で新鮮な果肉から絞り出され、未精製で無添加のココナッツオイルを指します。新鮮なココナッツオイルは、安定性が高いため精製する必要がないという特徴があります。また漂白や香料、保存料などが加えられていない無添加で高級なものとなります。ヴァージンココナッツオイルは、コーヒーや紅茶に加える、バターやマーガリンの代わりにパンに塗るなど食べて美味しいものですが、美容にも良いものとなります。そこでここでは、ヴァージンココナッツオイルの美容に良い使用法について紹介します。まずフェイシャルケアとして、クレンジングや保湿オイルとして使用することが出来ます。保湿オイルとして使用する場合には肌なじみが良いため、つけすぎには気をつけるようにします。この他にもヴァージンココナッツオイルは、ボディーオイルやハンドクリームとしても使うことが出来ます。そのまま塗っても肌に良いですが、ラベンダーなどの精油を好みで混ぜ合わせて使用することも出来ます。加えてスキンケア以外にも、ヘアケアにも使用できます。その方法はシャンプー前の乾いた髪に、ココナッツオイルを馴染ませ、5分から10分ほどマッサージしてからいつもどおりのシャンプーとリンスをします。このことによりフケやかゆみを抑え、ハリのある髪になります。

美容効果抜群のココナッツオイルの本当のチカラ、ご存知ですか?

2015/09/24

af9920061937mニキビや吹き出物が肌にできると、外出するのが嫌になってしまいますし、隠そうと思うと、ファンデーションを厚塗りしなければならないので面倒です。
肌の調子が悪いときはココナッツオイルがおすすめなので、美肌になりたい方は利用するようにしましょう。
ココナッツオイルは、ココヤシという植物から作られる油脂のことで、飽和脂肪酸が含まれています。
飽和脂肪酸は摂りすぎると、脂肪が付きやすくなったり、動脈硬化になる恐れがありますが、ココナッツオイルの場合は中鎖脂肪酸なので吸収が早く、トランス脂肪酸が含まれていないので、その心配がありません。
ビタミンEの作用で美肌になれますし、ラウリン酸も含まれているので、抗菌効果もあり、がんや老化を予防する効能もあるので、美容と健康を長く保ちたい女性には非常に人気があります。
海外セレブも使っているほどですが、その使用法も簡単で、毎日コーヒーや紅茶、ホットミルクなどに入れて飲むだけで、体の中から綺麗になることが出来ます。
ドレッシングとして使ってもよいですし、ベビーオイルのように肌に塗れば、ビタミンEの効果で乾燥を防げますから、ニキビや吹き出物を改善し、美肌になりたい方は使ってみてください。

最近の投稿